経済調査レポート

経済・金融の構造問題に関する踏み込んだ実証分析のレポートです。

年で絞り込む

2012年02月22日

アジアの貿易構造~アジア域内の貿易と欧米先進国との貿易

 アジアは欧米先進国に対して大きな貿易黒字を計上している。また、アジアの中でも中国が貿易黒字の大部分を計上している。 アジア域内貿易の中心プレイヤーは中国...

続きを読む

高山 武士
2011年12月15日

制度改正が2012・13年の家計に与える影響~勤労者世帯の可処分所得は大幅減

本稿では2012年度税制改正を受けて、今後予定されている税・社会保障制度の改正が2012年から13年にかけて、家計の可処分所得に与える影響について世帯類型...

続きを読む

桑畠 滋
2011年12月14日

2020年度までの都道府県別成長率予測~拡大する東京と縮小する地方圏

近年、地方経済は少子・高齢化を背景とした生産年齢人口の急激な減少などを背景に低迷を続けており、将来についても一層の低迷が危惧される。本稿では2020年度ま...

続きを読む

桑畠 滋
2011年10月28日

2012年度予算の展望~当初予算の規模は過去最大に

2012年度の概算要求額は98.4兆円となり、2011年度当初予算を6兆円程度上回り過去最大となった。来年度から新たに設置される日本再生重点化措置(以下、...

続きを読む

桑畠 滋
2011年10月05日

アジア新興国・地域の潜在成長率~中国・インド・韓国・台湾・ASEAN主要国

2008年の金融危機以降、先進経済が低迷する中、新興経済の存在感が増してきている。こうした新興国・地域のうち、特に成長著しいアジア新興国・地域(具体的には...

続きを読む

高山 武士
2011年08月19日

子ども手当見直しによる家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少に

民主・自民・公明3党は、子ども手当を見直し2012年度以降は児童手当を改正した新たな制度(以下、新児童手当)へ移行する方針を固めた。本稿では新児童手当導入...

続きを読む

桑畠 滋
2011年05月26日

家計の物価に対する見方に変化~解消しつつあるデフレ心理

消費者物価上昇率は、エネルギー、食料価格が上昇に転じたことなどを主因として下落幅の縮小が続いている。5月27日に総務省から公表される2011年4月分の消費...

続きを読む

桑畠 滋
2010年12月16日

制度改正による2011・12年の家計への影響~高所得者層の可処分所得は大幅減少

本稿では個人所得課税における税制・社会保障制度の改正が2011・12年の家計に対してどのような影響を及ぼすのかということに焦点を当て、世帯・年収別に検討し...

続きを読む

桑畠 滋
2010年06月28日

コンセンサス予測に勝つ方法はあるのか~月次指標予測を用いた分析

本稿では、鉱工業生産、消費者物価など13の月次指標を用いて、コンセンサス予測と個別機関(22機関)予測の特徴を分析した。コンセンサス予測は個別機関の予測と...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2010年01月22日

東京圏への人口集中の要因を探る(1)~都道府県間移動に焦点を当てて

日本は、本格的な人口減少時代に突入しようとしている。合計特殊率の低下などを理由に出生数が減少していることに加え、高齢人口の増加を受けて死亡数が増加している...

続きを読む

桑畠 滋
2009年12月28日

マクロ統計から見た13カ国家計のバランスシート-住宅資産、金融資産と負債の国際的な動向

日本以外の12カ国(オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、オランダ、ニュージーランド、スウェーデン、スイス、英国、米国)におい...

続きを読む

石川 達哉

石川 達哉

経済研究部

2008年10月14日

国際比較で見る家計の貯蓄率と資金フローの動向-世界的な住宅ブーム終焉で基調は再び変わるのか?

国民経済計算ベースの家計貯蓄率とOECDの住宅価格統計が利用可能なOECD18カ国のうち、日本、韓国、ドイツ、スイスを除く14カ国においては、90年代後半...

続きを読む

石川 達哉

石川 達哉

経済研究部

2008年06月16日

関西の輸出の特徴と最近の動向

関西の輸出は、アジアへの依存度が大きいことが大きな特徴である。特に、近年は、中国に対する依存度が高まっている。足元の輸出は米国経済の減速を主因に伸びは鈍化...

続きを読む

小本 恵照
2008年05月02日

日米バブルの比較-バブルとサブプライム-

・サブプライムローン問題の原因となった米国の住宅バブルと日本のバブルには、下表のような類似点や相違点がある。・日本では企業部門のバランスシートの悪化が著し...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2008年04月15日

シフト・シェア分析からみた地域経済動向

地域の経済格差の要因を、シフト・シェア分析によって検討した。シフト・シェア分析は、地域の経済成長を、産業構造によって説明できる部分(産業構造要因)と説明で...

続きを読む

小本 恵照
2008年02月27日

財政再建路線は継続されたのか-2008年度当初予算-

昨年7月の参議院選挙以降、格差是正等を旗印とする歳出の拡大圧力が強まるなか、福田政権にとって最初の予算編成となった2008年度予算は、どこまで従来の歳出抑...

続きを読む

篠原 哲
2007年12月19日

大綱から見る地域間の税収格差是正の方向性-与党税制改正大綱のポイント-

与党は、12月13日に与党税制改正大綱を公表した。今回の大綱で、最も注目すべきポイントは、将来的な消費税の社会保障目的税化が明記されたことであろう。少子高...

続きを読む

篠原 哲
2007年11月29日

消費税の引き上げによる世帯負担額の試算-2007年と2011年の負担額の比較-

本稿では、標準的な「夫婦と子供2人の4人世帯」における年間の消費税額を推計し、それに所得税・住民税・社会保険料の負担額も加えるかたちで、2007年における...

続きを読む

篠原 哲
2007年11月09日

店舗経営に見る動機付けの効果-フランチャイズ・チェーンの事例-

フランチャイズ・システムは、フランチャイジー(フランチャイズ加盟者)をオーナー店長とすることによって店長の収入を店舗業績に連動させることで、店舗経営に対す...

続きを読む

小本 恵照
2007年10月16日

国際比較で見る1世帯当たりの資産と負債-11カ国の世帯調査統計に基づいて-

米国、オーストラリア、日本、カナダ、韓国、イタリア、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、スウェーデン、ニュージーランドの11カ国における1世帯当たりの平...

続きを読む

石川 達哉

石川 達哉

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

経済調査レポートのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済調査レポートのレポート Topへ