人口動態統計

人口動態統計から出生・死亡、婚姻・離婚の概況を解説します。

年で絞り込む

2016年09月15日

今なぜ働き方改革が進んでいるのだろうか?-データで見る働き方改革の理由-

日本政府は人口や労働力人口が継続して減少している中で、長時間労働・残業などの悪しき慣習が日本経済の足を引っ張って生産性低下の原因になっていると考え、最近、...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2016年09月15日

都道府県別出生率が浮き彫りにする日本の課題

53858_ext_03_0_S.jpg

1970年代以降、沖縄が日本の合計特殊出生率(TFR)の首位を独走しています。2015年のTFRを見ると、沖縄は1.94、70年代後半から最下位が続いてい...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2016年05月13日

労働関連統計にみられる人口減少と高齢化の影響 ~九州地域の場合~

本稿は、少子高齢化や人口流出などの人口の変化が及ぼす地域経済への影響を労働関連の経済統計から検討する。人口の変化は直接的に労働力人口に影響を与えると考えら...

続きを読む

日本大学経済学部教授 小巻 泰之
2015年10月05日

スマート国勢調査で、98万人をゼロに出来るか

今年は5年に一度の国勢調査の実施年で、例年通り10月1日の午前零時が調査の基準時になっている。今年の調査が例年と違うのは、インターネットを利用したオンライ...

続きを読む

2015年07月08日

日韓比較(3):高齢化率 ―2060年における日韓の高齢化率は両国共に39.9%―

前回は日韓における出生率の比較を行ったので、今回は両国における高齢化率を比較してみたい。6月12日に発表された『平成27年版高齢社会白書』によると、201...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2015年06月23日

日韓比較(2):出生率―経済的理由による「非自発的未婚」や「非自発的晩婚」に対する対策が必要―

日本の合計特殊出生率1(以下、出生率)が9年ぶりに低下した。厚生労働省が6月に発表した2014年の出生率は1.42で、2013年の1.43を0.01ポイン...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2014年11月27日

社会保障をめぐる議論は票にならない?~世代別人口動態からみる選挙~

早いものでもう師走が目前、12月2日からは年末の選挙戦が始まる。今回の解散を決めた安倍首相によると、この選挙の争点はアベノミクスだという。これに対し民主党...

続きを読む

前田 俊之

前田 俊之

金融研究部

2014年08月06日

健康寿命も延びているか~2013年試算における平均寿命と健康寿命の差

■要約7月31日に厚生労働省から「2013年簡易生命表」が公表され、平均寿命が男女とも過去最高を更新したことがわかった。しかし、最近では、生きている長さそ...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2013年07月12日

自治体の婚活支援策は少子化対策の切り札になりえるか

■要旨厚生労働省が先月初めに公表した「平成24年人口動態統計月報年計(概数)の概況」によれば、2012年の合計特殊出生率(以下、TFR)は1.41と、20...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2013年05月15日

「女性手帳」で子どもは増えるか -「女性手帳」批判から考える説得的コミュニケーションのあり方

内閣府の少子化危機突破タスクフォースの中で取り上げられた、いわゆる「女性手帳」の配布について、各処で批判の声があがっている。主要な批判の内容としては、(1...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2013年04月03日

最新世帯推計からみると、住宅需要はまだ増える? ~ 国立社会保障・人口問題研究所の「日本の世帯数の将来推計(全国推計)2013年1月」より~

国立社会保障・人口問題研究所の2006年12月推計によれば、日本の全国人口は2005年の1億2,777万人をピークに減少に転じるとされていた。その後は20...

続きを読む

篠原 二三夫

篠原 二三夫

社会研究部

2013年02月27日

若年層の生活不安と生活設計~結婚、子ども、親との同居の影響

■見出し1――はじめに2――配偶関係、および既婚者の就労状況の確認3――将来の生活に対する不安~既婚者と女性は不安がたくさん4――生活設計状況5――まとめ...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2012年07月02日

出生・死亡、婚姻・離婚の概況-「平成23年人口動態統計月報年計(概数)の概況」より

■見出し1――出生・死亡の状況 1|昨年1年間にわが国の人口は約20万人の自然減 2|第一子出生時の母の平均年齢は30.1歳に 3|50年以上変動のなかった三大...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2012年06月27日

少子化対策は政策より俗説?-総人口5,000万人を超えた韓国の経験から

韓国の主要メディアは6月23日に、韓国の人口が5000万人を超えたことを一斉に報道した。1960年に2500万人であった韓国の人口はその後継続的に増加し、...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2012年03月15日

米国の年金販売に対する高齢者保護の動向について―米国保険業界の個人年金販売に対する適合性原則導入と最近の状況を中心として

■見出し1――高齢化の進展と生保会社に対する年金ニーズの高揚2――年金販売に対する適合性原則の導入3――NAIC改正(2010年)の内容4――金融規制改革...

続きを読む

小松原 章
2011年07月01日

社会保障改革の第1順位

6月2日に発表された社会保障改革案では、待機児童の解消や幼保一元化などの子ども・子育て対策が第1順位に盛り込まれ、年金・医療・介護となっている消費税の使途...

続きを読む

2010年09月01日

人口減少下の国勢調査

9月下旬から、国勢調査の調査票が配布される。前回(2005 年)の調査では、前々回(2000年)と比べた人口増加率が+0.7%にとどまり、過去最低を記録した...

続きを読む

2009年03月25日

人口減少社会の到来(量から質への転換)

平成20年10月までのデータ等を基礎資料として平成20年の人口動態を推計した「平成20年人口動態統計の年間推計」が厚生労働省から公表されている。これによる...

続きを読む

猪ノ口 勝徳

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

人口動態統計のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

人口動態統計のレポート Topへ