将来人口推計

将来人口推計をもとに、住宅需要の見通しや世代間格差問題を考察します。

年で絞り込む

2016年09月15日

今なぜ働き方改革が進んでいるのだろうか?-データで見る働き方改革の理由-

日本政府は人口や労働力人口が継続して減少している中で、長時間労働・残業などの悪しき慣習が日本経済の足を引っ張って生産性低下の原因になっていると考え、最近、...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2014年11月27日

社会保障をめぐる議論は票にならない?~世代別人口動態からみる選挙~

早いものでもう師走が目前、12月2日からは年末の選挙戦が始まる。今回の解散を決めた安倍首相によると、この選挙の争点はアベノミクスだという。これに対し民主党...

続きを読む

前田 俊之

前田 俊之

金融研究部

2014年06月26日

人口1億人目標と地方経済-地方は千差万別ながらも集積・転換、独自性の共通課題も

■はじめに安倍政権は初めて骨太の方針で50年後に人口一億人を維持するとの目標を掲げた。この目標を達成するには、地方再生が絶対条件になってくる。政府も地方再...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

経済研究部

2013年04月03日

最新世帯推計からみると、住宅需要はまだ増える? ~ 国立社会保障・人口問題研究所の「日本の世帯数の将来推計(全国推計)2013年1月」より~

国立社会保障・人口問題研究所の2006年12月推計によれば、日本の全国人口は2005年の1億2,777万人をピークに減少に転じるとされていた。その後は20...

続きを読む

篠原 二三夫

篠原 二三夫

社会研究部

2013年01月07日

一票の重みの二つの格差 ―地域間格差が助長する世代間格差―

昨年12月16日に投票が行われました第46回衆議院議員総選挙は、事前調査による予測どおり、与野党の獲得議席数が逆転し政権が交代するという劇的な結果となりま...

続きを読む

中村 昭

中村 昭

保険研究部

2012年12月04日

さあ総選挙 若者よ投票に行こう!―世代別一票の重みの格差是正―

第46回衆議院議員総選挙の公示が、12月4日に行われました。これから16日の投票日に向けて、いよいよ選挙モード一色ですが、懸念されてきた若者の選挙離れの問...

続きを読む

中村 昭

中村 昭

保険研究部

2012年06月11日

長寿年金普及を目指す米国政府と生保業界―退職資産の終身年金化を奨励する税制改正の動向を中心として―

■見出し1――高齢化の進展や確定給付プランの減少にともない終身年金の必要性高まる米国勤労者2――退職貯蓄の終身年金受け取りを奨励する米国政府の動き■int...

続きを読む

小松原 章
2012年03月12日

若者に一人5票の選挙権を与えよう!

おかげさまで、我が家は三世代ともに、それぞれ元気で暮らしています。しかし、現行社会保障制度の厳しい将来見通しと若年世代を待ち受ける苛酷な未来を論じて、この...

続きを読む

中村 昭

中村 昭

保険研究部

2009年02月02日

新しい「5年に1度の年」到来

今年は、5年に1度実施される公的年金の財政検証の年である。従来は財政再計算と呼ばれ、保険料の変更など制度改正の一環として行われていたが、2004年改正から...

続きを読む

2007年04月27日

「論より実行」の少子化対策を

日本の総人口が2040 年代に1億人を下回る予想の新しい将来人口推計が発表された。それよりも重要な内容としては、65歳以上の年金受給者世代が、人口の40%を...

続きを読む

2007年02月01日

60 歳台は働くのが当たり前に

2006年末に発表された新たな将来推計人口によると、今後50年間、出生率はほとんど回復せず1.26に止まる一方、平均寿命は現在の82歳から87歳(いずれも...

続きを読む

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

将来人口推計のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

将来人口推計のレポート Topへ