資金循環統計│日本

この「資金循環統計」の一覧では、日本銀行が四半期毎に公表する資金循環統計をもとに、マネーフロー、ストックの両面から経済の動きにあわせて金融取引や金融資産・負債の変化を分析します。具体的には、個人金融資産の状況や資金流出入の詳細、部門別資金過不足等に分けて、公表されたデータをもとに細かく解説したレポートを提供します。

年で絞り込む

2017年10月04日

企業年金における積立比率の上昇要因と今後の留意点

過去5年間を振り返ると、割引率の低下により退職給付債務が拡大してきた一方で、運用環境の改善によってそれ以上に年金資産が拡大したため、積立比率が上昇した。今...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2017年09月20日

資金循環統計(17年4-6月期)~個人金融資産は、前年比77兆円増加の1832兆円に、過去最高を大きく更新

2017年6月末の個人金融資産残高は、前年比77兆円増(4.4%増)の1832兆円となった。残高はこれまでの最高であった昨年12月末(1810兆円)を大き...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年03月22日

金融緩和による市場変化と成長~巨大な買い手の存在が金融市場の機能を低下させているか~

日本銀行による強力な金融緩和の実施は、債券市場において投資家構造や価格体系にも大きな影響を与えており、流通市場の機能度低下を懸念する声が高まるなど、ある種...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2017年03月17日

資金循環統計(16年10-12月期)~個人金融資産は過去最高を更新し、初の1800兆円台に、投資を手控える傾向は継続

2016年12月末の個人金融資産残高は、前年比17兆円増(0.9%増)の1800兆円となった。残高は過去最高を更新し、初の1800兆円台を記録した。年間で...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2016年12月19日

資金循環統計(16年7-9月期)~個人金融資産は前年比10兆円増の1752兆円、リスク性資産への投資は進まず

2016年9月末の個人金融資産残高は、前年比10兆円増(0.6%増)の1752兆円となった。前年比での増加は3四半期ぶり。年間で資金の流入超過が17兆円あ...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2016年11月04日

マイナス金利で見直される個人向け国債

マイナス金利で個人向け国債の販売が増えている。しかし、過去に大量販売された国債の償還を迎え、残高は増えていない。来年度以降は償還も落ち着き、今後は残高増加...

続きを読む

千田 英明
2016年09月26日

資金循環統計(16年4-6月期)~個人金融資産は前年比31兆円減の1746兆円、目減りが続く

2016年6月末の個人金融資産残高は、前年比31兆円減(1.7%減)の1746兆円となった。前年比でのマイナス幅は3月末の8兆円減(0.4%減)から大きく...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2016年04月22日

対外証券投資と為替変動リスクのヘッジ-為替予約を用いたリスクヘッジの注意点

2013年4月の量的・質的金融緩和政策導入後、主要機関投資家が保有する対外証券投資残高は増加しており、円安や世界的な株高・金利低下の効果もあり、収益に貢献...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2016年03月25日

資金循環統計(15年10-12月期)~個人金融資産は前年比29兆円増の1741兆円

2015年12月末の個人金融資産残高は、前年比29兆円(1.7%)増の1741兆円となり、(現行ベースで遡れる2005年以降で)過去最高を更新。年間で資金...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2016年02月03日

個人金融資産に何が起こっているのか

個人金融資産の動向は、国債の消化だけでなく、金融・経済全般のフローにも多大な影響がある。株価や為替による短期的な変動よりも、その底流にある動きに目を向けて...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2015年12月17日

資金循環統計(15年7-9月期)~個人金融資産は前年比28兆円増の1684兆円、6月末比では34兆円の減少

2015年9月末の個人金融資産残高は、前年比28兆円(1.7%)増の1684兆円となった。6月末までは4四半期連続で過去最高を更新してきたが、今回で一旦更...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2015年09月17日

資金循環統計(15年4-6月期)~個人金融資産は前年比72兆円増の1717兆円、過去最高を更新

■見出し・個人金融資産(15年6月末): 前期末比では17兆円増・資金流出入の詳細: 株式からの資金流出が進む・その他注目点: 家計の資金余剰が減少、日銀...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2015年06月29日

資金循環統計(15年1-3月期)~個人金融資産は初の1700兆円超え、前年比では+85兆円の大幅増

■見出し・個人金融資産(15年3月末): 前期比では11兆円増・資金流出入の詳細: 投資信託への資金流入が進む・その他注目点: 企業の現預金はさらに増加、...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2015年03月18日

資金循環統計(14年10-12月期)~個人金融資産は過去最高の1694兆円、前年比で50兆円増

■見出し・個人金融資産(14年12月末): 前期比では40兆円増・資金流出入の詳細: リスク性資産残高は高水準に・部門別資金過不足等: 企業に前向きな動き...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2015年02月04日

異次元の金融緩和で出回った資金はどこに行ったのか

日銀の国債保有額が急激に増加してきている。その影響で、国債マーケットでは様々な変化が起きている。金利の低下、流動性の低下などである。一方で、金融緩和の効果...

続きを読む

千田 英明
2014年12月18日

資金循環統計(14年7-9月期)~個人金融資産は過去最高の1654兆円、前年比44兆円増だが、ドル建てでは大幅減

■見出し・個人金融資産(14年9月末): 前期比では9兆円増・資金流出入の詳細: リスク性資産への流入進む・部門別資金過不足等: 企業の現預金残高が過去最...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2014年09月18日

資金循環統計(14年4-6月期)~個人金融資産は過去最高の1645兆円、前年比42兆円増

■見出し・個人金融資産(14年6月末):前期比では20兆円増・資金流出入の詳細:家計のリスク選好は加速せず・部門別資金過不足等:国債残高は初の1000兆円...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2014年06月18日

資金循環統計(14年1-3月期)~個人金融資産残高は1630兆円、前年比52兆円増

■見出し・個人金融資産(14年3月末): 前期比では前期比では14兆円減・資金流出入の詳細: リスク性資産への資金流入が顕著・部門別資金過不足等:企業の現預...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2014年03月25日

資金循環統計(13年10-12月期)~個人金融資産残高は過去最高の1645兆円、前年比93兆円増

■見出し・個人金融資産(13年12月末): 前期比では35兆円増・資金流出入の詳細: 税制変更の影響でかく乱・部門別資金過不足等: 企業の借入増が顕著に、日銀...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2013年12月19日

資金循環統計(13年7-9月期)~個人金融資産は前年比90兆円増の1598兆円

■見出し・個人金融資産(13年9月末): 前期比では7兆円増・資金流出入の詳細:“貯蓄から投資へ”の流れはまだ・部門別資金過不足等:...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

資金循環統計│日本のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

資金循環統計│日本のレポート Topへ