iDeCo・NISA

年で絞り込む

2018年05月08日

資産が枯渇しない生活水準を考える-適正支出に対するアドバイス力強化に期待する

58596_ext_03_0_S.jpg

近年、個人型確定拠出年金iDeCoや積立NISA等、個人の資産形成を促す制度が拡充されてきている。また、インターネットの普及により投資商品の選び方に関する...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2018年04月04日

確定給付型年金と行動経済学上のバイアス

58257_ext_03_0_S.jpg

確定拠出型と同様に、確定給付型年金にも行動経済学の成果が応用できる。運用責任者や運用委員会のメンバーが、資産配分やマネージャーの選択における、行動経済学が...

続きを読む

臼杵 政治
2018年03月07日

外株インデックス投信を薦める3つの理由-「つみたてNISA」の商品選びに迷ったら

58091_ext_03_0_S.jpg

新年2018年を迎え、「つみたてNISA」がスタートした。「つみたてNISA」の口座は作ったものの、購入する商品を決められず、始められてない方もいるのでは...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年02月28日

自ら備える長生きリスク

58034_ext_03_0_S.jpg

厚生労働省の資料によれば、大正時代(1920年)の夫の現役引退後の生活期間は1年、妻は5年というのが平均的な姿であった。しかし、2009年時点では、夫の現...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹

金融研究部

2018年02月07日

引き続き好調だが、注意が必要な国内中小型株のアクティブ・ファンド~2018年1月の投信動向~

57830_ext_03_0_S.jpg

2018年1月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、内外株式への資金流入が顕著であった。外国株式については7,000億円に迫り、国...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年01月30日

新たな時代に入った日本株市場-中長期株価予想~日経平均は10年後に4万円を達成か

57756_ext_03_0_S.jpg

日経平均株価は1月23日に2万4000円を回復した。26年ぶりの水準回復に、一部には値下がりを警戒する向きもあるようだが、短期的には上げ下げを繰り返しても...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2018年01月24日

外株インデックス投信を薦める3つの理由~「つみたてNISA」の商品選びに迷ったら~

57691_ext_03_0_S.jpg

新年2018年を迎え、「つみたてNISA」がついにスタートしました。「つみたてNISA」の口座は作ったものの、購入する商品を決められず、まだ始められてない...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年01月09日

公的年金の給付水準低下と長寿に備える制度の検討

57483_ext_03_0_S.jpg

受給者が死亡するまで年金を受け取れる終身年金は、自分が想定した以上に長生きした場合に、金融資産が枯渇して生活水準を落とさざるを得ないリスク(長寿リスク)に...

続きを読む

2017年12月29日

公的年金改革があると考える人はNISAやiDeCoに加入するか?-自助努力を進める可能性に関する実証分析

57518_ext_03_0_S.jpg

公的年金の給付水準がマクロ経済スライドにより低下していくため、退職後の生活資金を準備する方法として、私的年金が重要になっている。特に中小企業では退職給付制...

続きを読む

北村 智紀

北村 智紀

金融研究部

2017年12月05日

確定拠出年金と親和性が高いロボ・アドバイザーツール

57250_ext_03_0_S.jpg

近年、様々なロボ・アドバイザーツール、通称ロボアドが提供されてきている。ロボアドとはインターネット上でポートフォリオを提案してくれる新しいサービスである。...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年11月30日

公的年金の支給開始年齢が引き上げられると考える人は、自分で老後の準備を進めているか?

57302_ext_03_0_S.jpg

厚生年金や国民年金などの公的年金では、年金財政を健全化するために給付水準の引き下げが予定されている。しかし、少子高齢化が改善する見込みは高くなく、将来にさ...

続きを読む

北村 智紀

北村 智紀

金融研究部

2017年11月30日

DC運用の商品選択の改善に向けて

57301_ext_03_0_S.jpg

昨年成立したDC法改正では、個人型DCの加入範囲拡大が注目されることが多いが、それ以外にも多岐にわたる改正が盛り込まれている。DC加入者が運用商品を選択し...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹

金融研究部

2017年11月07日

国内中小型株のアクティブ・ファンドが健闘~2017年10月の投信動向~

57073_ext_03_0_S.jpg

2017年10月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、9月から引き続き国内株式からの資金流出が大きく、流出金額は3,000億円に迫...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年10月04日

アクティブ・ファンドは当たり外れが大きい?~2017年9月の投信動向~

56825_ext_03_0_S.jpg

2017年9月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、国内株式からの資金流出が大きく、流出金額は2,000億円を超えた。9月の国内株...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年10月04日

平成30年度に向けた予算・税制改正等の動き

平成30年度予算策定への動きが始まった。医療・年金を抱える社会保障費が増加し過去最大規模。あるいは防衛費が昨今の国際情勢を背景に増額要求となるなど、概算要...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2017年09月01日

正しい投資への道~失敗しないための具体的な方法のいくつか~

56538_ext_03_0_S.jpg

「正しい投資」、つまり目的に適った一番効果がある投資をするのにはどうしたら良いだろうか。そのためには、まず、適切な「投資の目的」の設定が必要だが、これが案...

続きを読む

安孫子 佳弘

安孫子 佳弘

金融研究部

2017年08月07日

人気に陰りが見え始めた毎月分配型~2017年7月の投信動向~

56349_ext_03_0_S.jpg

2017年7月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、国内株式から資金流出していたものの、流出金額は30億円程度と小額であった。国内...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2017年07月31日

iDeCoで株式投資

56305_ext_03_0_S.jpg

個人の資産形成において株式投資が拡大しない背景の一つに、国内株式が長期的な膠着状況から抜け出せないことが挙げられよう。TOPIXは2000年以降、ITバブ...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹

金融研究部

2016年12月28日

これまでのNISAは何だったのか~「貯蓄から投資へ」の課題(その3)~

54708_ext_03_0_S.jpg

12月初めに公表された平成29年度税制改正大綱に『非課税累積投資等に係わる非課税措置』(以下 積立NISA)の導入が明記された。それと同時に「複数の制度が...

続きを読む

前田 俊之
2016年09月21日

頑張れiDeCo(イデコ)~亀には亀の魅力がある~

53893_ext_03_0_S.jpg

iDeCoは個人型の確定拠出年金制度(個人型DC)の新しい愛称だ。同制度は来年1月より専業主婦や公務員等の加入が可能になり、その普及が期待されている。iD...

続きを読む

前田 俊之

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

iDeCo・NISAのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

iDeCo・NISAのレポート Topへ