アジア・新興国

中国、韓国をはじめとする、アジア、新興国の経済や保険マーケット、雇用・人事管理など、幅広い情報をタイムリーにレポートとして提供していきます。とりわけ、中国については定期的に経済の見通しや主要な経済指標、人民元の動向等について、また、成長を続ける新興国地域については経済見通しに加えて、不動産市場動向についても解説を行ってまいります。保険市場については、注目を集めている中国、インド等成長を続けるアジアの保険市場を解説します。

年で絞り込む

2018年06月19日

保険と銀行の監督当局を統合―システミック・リスクをどう回避するか。【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(31)

58858_ext_03_0_S.jpg

4月に「中国銀行保険監督管理委員会」(CBIRC、銀保監会)が正式に発足した。この銀保監会は、銀行事業と保険事業の監督当局を統合し、新たに発足したものであ...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2018年06月08日

オーストラリア経済の見通し-1-3月期GDPは前期比1.0%増。18年以降は成長が加速

58820_ext_03_0_S.jpg

オーストラリアの2018年1-3月期の実質GDP成長率は前期比1.0%増(季節調整値)と、前期の同0.5%増から加速し、景気拡大の世界最長記録を更新した。...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2018年06月07日

中国の公的医療保険制度について(2018)-老いる中国、14億人の医療保険制度はどうなっているのか。

58791_ext_03_0_S.jpg

中国の公的医療保険制度は、2020年までに「皆保険」の実現を目指している。都市部の国有企業を対象とした医療保険が1951年に導入されて以来、中国はおよそ7...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2018年05月31日

ブラジル経済の見通し-1-3月期GDPは前期比プラス成長も、停滞感が見られる内容

58759_ext_03_0_S.jpg

ブラジルの2018年1-3月期の実質GDP成長率は前期比0.4%増(季節調整値)と、前期の同0.2%から若干加速し、5四半期連続のプラス成長となった。しか...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2018年05月25日

中国経済見通し-「6.5%前後」へ軟着陸のシナリオは維持も、米中覇権争い激化なら中国経済にはダブルパンチ!

58721_ext_03_0_S.jpg

中国国家統計局が公表した2018年1-3月期の国内総生産(GDP)は19兆8783億元(日本円換算では約338兆円)となった。経済成長率は実質で前年同期比...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年05月16日

【アジア・新興国】韓国の生命保険市場の現状-2017年のデータを中心に-

58672_ext_03_0_S.jpg

韓国の高齢化率は2017年現在14.2%でまだ日本より低い水準であるが、その進行速度は日本より速い。2060年には高齢化率は42.2%に到達し、日本の高齢...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年05月10日

朝鮮半島に春は来るだろうか!―南北統一や東アジアの平和に繋がることを期待する―

58638_ext_03_0_S.jpg

最近、南北関係が速いスピードで改善している。南北関係改善のきっかけになったのは平昌(ピョンチャン)オリンピックであるだろう。文化芸術分野の交流も活発だ。玄...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年04月27日

中国経済の現状と今後の注目点~米中貿易摩擦は中国の債務問題を深刻化させる恐れ!

58551_ext_03_0_S.jpg

2018年1-3月期の国内総生産(GDP)は19兆8783億元(日本円換算では約338兆円)となり、経済成長率は実質で前年同期比6.8%増と前四半期から横...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年03月30日

中国経済:景気指標の総点検(2018年春季号)~景気は一旦再加速!

58277_ext_03_0_S.jpg

ここもとの金融マーケットを概観すると、昨年じり高だった中国株は17年の最高値を一時的に突破したものの、米中貿易摩擦の深刻化に伴って米中経済が共倒れとなる恐...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年03月29日

雇用の不安定化が続く日韓-非正規職の問題をどう解決すればいいだろうか-

58272_ext_03_0_S.jpg

日本では97 年に派遣労働の自由化を盛りこんだ規制緩和推進計画が閣議決定され、99 年には派遣が原則自由化された。その結果、 非正規労働者の増加に拍車がかかり、...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年03月23日

【アジア・新興国】東南アジア・インドの経済見通し~成長ドライバーは外需から内需へ重心シフト

58224_ext_03_0_S.jpg

東南アジア5カ国およびインド経済は、海外経済の回復やITサイクルの改善を受けて電子製品や一次産品などの輸出が好調に推移し、景気回復が続いている。輸出拡大と...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年03月20日

【アジア・新興国】インド医療事情と医療保険制度~モディケアとは何か

58202_ext_03_0_S.jpg

インドの保健医療の水準は、この四半世紀で大きく改善した。乳幼児死亡率と妊産婦死亡率を見ると、インドは低中所得国のなかでは健闘している。一方、先進国レベルに...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年03月05日

インドの生命保険業界及び主要会社の状況-2016年度の決算数値を踏まえての成長性・効率性・収益性・健全性等の動向-

58069_ext_03_0_S.jpg

インドの生命保険市場全体の状況については、これまでもいくつかのレポートで報告してきた。インドの保険監督当局であるIRDAI(Insurance Regula...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2018年02月21日

中国経済見通し~マクロプルーデンス政策の強化で「安定成長」へ軟着陸、リスクの所在は住宅バブル崩壊

57952_ext_03_0_S.jpg

中国国家統計局が公表した2017年の国内総生産(GDP)は82兆7122億元(日本円換算では約1372兆円)となった。実質成長率は前年比6.9%増と16年...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年02月20日

IT×保険で、相互保険を再定義―中国初の生保相互会社の誕生-【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(30)

57930_ext_03_0_S.jpg

日本では100年以上の歴史がある相互保険。近年では、バブル経済の終焉にともなう相互会社の株式会社化なども経験している。一方、中国では、改革・開放政策によっ...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2018年01月30日

【ロシア経済】2018年の見通し~2018年の成長率は2017年からほぼ横ばい~

57761_ext_03_0_S.jpg

ロシア経済は原油価格の低迷によって2015年、16年と2年連続で景気後退に陥ったが、原油価格の持ち直しを受けて2017年には3年ぶりのプラス成長を達成する...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2018年01月26日

2018年の中国経済の注目点~過剰債務、中国IT企業、一帯一路、金融政策の4点

57713_ext_03_0_S.jpg

2017年の国内総生産(GDP)は82兆7122億元(日本円換算では約1372兆円)となった。実質成長率は前年比6.9%増と16年の同6.7%増を0.2ポ...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年01月22日

財布を持たない、という日常-中国におけるキャッシュレス化の浸透度

57665_ext_03_0_S.jpg

先日、北京出張をした際に、中国の友人と食事をした。中国でキャッシュレス化が進んでいるという話題になると、ふと考えこんだ友人は「そういえば、いつから財布を持...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2018年01月16日

【アジア・新興国】なぜ韓国の高齢者貧困率は高いのか-公的年金が給付面で未成熟、成熟してもなお課題山積-

57639_ext_03_0_S.jpg

OECD(2017) によると、2014年時点の韓国の66~75歳の高齢者の貧困率は42.7%でOECD平均10.6%よりも約4倍も高いことが明らかになった...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年01月15日

中国の公的医療保険制度について(2018)-老いる中国、14億人の医療保険制度はどうなっているのか。

57625_ext_03_0_S.jpg

中国の公的医療保険制度は、2020年までに「皆保険」の実現を目指している。建国以降、1951年に都市部の国有企業を対象とした医療保険が導入されていることか...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

アジア・新興国のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アジア・新興国のレポート Topへ