アジア・新興国

中国、韓国をはじめとする、アジア、新興国の経済や保険マーケット、雇用・人事管理など、幅広い情報をタイムリーにレポートとして提供していきます。とりわけ、中国については定期的に経済の見通しや主要な経済指標、人民元の動向等について、また、成長を続ける新興国地域については経済見通しに加えて、不動産市場動向についても解説を行ってまいります。保険市場については、注目を集めている中国、インド等成長を続けるアジアの保険市場を解説します。

年で絞り込む

2018年07月27日

中国経済:2018年上期を総括した上で今後の注目ポイントを探る

59178_ext_03_0_S.jpg

18年上期(1-6月期)の国内総生産は41兆8961億元(日本円換算で約716兆円)となり、成長率は実質で前年比6.8%増と2017年通期の同6.9%増を...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年07月06日

ロシア経済の見通し-1-3月期GDPは前年比1.3%増。当面は1%台の低成長が継続と予想

59017_ext_03_0_S.jpg

ロシアの1-3月期の実質GDP成長率は前年比1.3%増と、前期から加速した。3年ぶりのプラス成長となった17年から緩やかな成長が継続している。しかし、ロシ...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2018年07月04日

文在寅政府の医療政策「文在寅ケア」がスタート-財源の安定的な確保こそが成功の近道-

58977_ext_03_0_S.jpg

2018年から、文在寅政府の「健康保険の保障性強化対策」、いわゆる文在寅ケアが実施された。この対策は、文在寅大統領(以下、文大統領)の選挙公約の一つで、国...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年07月04日

韓国でも「働き方改革」がスタート-1週間の労働時間の上限が52時間に-

58974_ext_03_0_S.jpg

韓国では、残業時間を含めた1週間の労働時間の上限を従来の68時間から52時間に制限することを柱とする改正勤労基準法(日本の労働基準法に当たる)が7月1日か...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年06月29日

インド経済見通し~経済改革に伴う混乱を終え、巡航速度の成長ペースへ

58960_ext_03_0_S.jpg

インド経済は高額紙幣の廃止や物品・サービス税(GST)導入による景気の悪化から巡航速度の成長ペースまで回復してきた。経済の先行きは、4-6月期までは廃貨に...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年06月28日

中国の公的医療保険制度について(2018)-老いる中国、14億人の医療保険制度はどうなっているのか。

58947_ext_03_0_S.jpg

中国の公的医療保険制度は、2020年までに「皆保険」の実現を目指している。都市部の国有企業を対象とした医療保険が1951年に導入されて以来、中国はおよそ7...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2018年06月28日

中国の年金制度について(2017)-老いる中国、老後の年金はどうなっているのか。

58945_ext_03_0_S.jpg

中国の公的年金制度は、本人の戸籍(都市戸籍/農村戸籍)や、就業の有無によって、大きく2つに分類される。会社員(自営業者を含む)など被用者は「都市職工基本養...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2018年06月22日

【アジア・新興国】東南アジアの経済見通し~景気は内需を中心に堅調維持も、資金流出と貿易摩擦のリスクに注意

58887_ext_03_0_S.jpg

東南アジア経済は、輸出主導型の景気回復によって堅調に推移している。昨年、海外経済の回復やITサイクルの改善を受けて好調が続いた輸出は今年に入って増勢が鈍化...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年06月22日

中国経済:景気指標の総点検(2018年夏季号)~GDPではなく景気10指標でみた実態

58885_ext_03_0_S.jpg

供給面の景気指標を点検すると、4-5月期の工業生産が1-3月期の伸びを上回ったのに加えて、4-5月期の製造業PMIは1-3月期の平均を上回っており、非製造...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年06月19日

保険と銀行の監督当局を統合―システミック・リスクをどう回避するか。【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(31)

58858_ext_03_0_S.jpg

4月に「中国銀行保険監督管理委員会」(CBIRC、銀保監会)が正式に発足した。この銀保監会は、銀行事業と保険事業の監督当局を統合し、新たに発足したものであ...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2018年06月08日

オーストラリア経済の見通し-1-3月期GDPは前期比1.0%増。18年以降は成長が加速

58820_ext_03_0_S.jpg

オーストラリアの2018年1-3月期の実質GDP成長率は前期比1.0%増(季節調整値)と、前期の同0.5%増から加速し、景気拡大の世界最長記録を更新した。...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2018年06月07日

中国の公的医療保険制度について(2018)-老いる中国、14億人の医療保険制度はどうなっているのか。

58791_ext_03_0_S.jpg

中国の公的医療保険制度は、2020年までに「皆保険」の実現を目指している。都市部の国有企業を対象とした医療保険が1951年に導入されて以来、中国はおよそ7...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2018年05月31日

ブラジル経済の見通し-1-3月期GDPは前期比プラス成長も、停滞感が見られる内容

58759_ext_03_0_S.jpg

ブラジルの2018年1-3月期の実質GDP成長率は前期比0.4%増(季節調整値)と、前期の同0.2%から若干加速し、5四半期連続のプラス成長となった。しか...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2018年05月25日

中国経済見通し-「6.5%前後」へ軟着陸のシナリオは維持も、米中覇権争い激化なら中国経済にはダブルパンチ!

58721_ext_03_0_S.jpg

中国国家統計局が公表した2018年1-3月期の国内総生産(GDP)は19兆8783億元(日本円換算では約338兆円)となった。経済成長率は実質で前年同期比...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年05月16日

【アジア・新興国】韓国の生命保険市場の現状-2017年のデータを中心に-

58672_ext_03_0_S.jpg

韓国の高齢化率は2017年現在14.2%でまだ日本より低い水準であるが、その進行速度は日本より速い。2060年には高齢化率は42.2%に到達し、日本の高齢...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年05月10日

朝鮮半島に春は来るだろうか!―南北統一や東アジアの平和に繋がることを期待する―

58638_ext_03_0_S.jpg

最近、南北関係が速いスピードで改善している。南北関係改善のきっかけになったのは平昌(ピョンチャン)オリンピックであるだろう。文化芸術分野の交流も活発だ。玄...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年04月27日

中国経済の現状と今後の注目点~米中貿易摩擦は中国の債務問題を深刻化させる恐れ!

58551_ext_03_0_S.jpg

2018年1-3月期の国内総生産(GDP)は19兆8783億元(日本円換算では約338兆円)となり、経済成長率は実質で前年同期比6.8%増と前四半期から横...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年03月30日

中国経済:景気指標の総点検(2018年春季号)~景気は一旦再加速!

58277_ext_03_0_S.jpg

ここもとの金融マーケットを概観すると、昨年じり高だった中国株は17年の最高値を一時的に突破したものの、米中貿易摩擦の深刻化に伴って米中経済が共倒れとなる恐...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年03月29日

雇用の不安定化が続く日韓-非正規職の問題をどう解決すればいいだろうか-

58272_ext_03_0_S.jpg

日本では97 年に派遣労働の自由化を盛りこんだ規制緩和推進計画が閣議決定され、99 年には派遣が原則自由化された。その結果、 非正規労働者の増加に拍車がかかり、...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年03月23日

【アジア・新興国】東南アジア・インドの経済見通し~成長ドライバーは外需から内需へ重心シフト

58224_ext_03_0_S.jpg

東南アジア5カ国およびインド経済は、海外経済の回復やITサイクルの改善を受けて電子製品や一次産品などの輸出が好調に推移し、景気回復が続いている。輸出拡大と...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

アジア・新興国のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アジア・新興国のレポート Topへ