高齢化問題(全般)

高齢社会白書によれば、高齢者人口は今後、「団塊の世代」が65 歳以上となる2015年には3,395万人となり、2042年に3,878万人でピークを迎えます。高齢化率も上昇を続け2035年に33.4%、2060年には39.9%に達し国民の約2.5人に1 人が65 歳以上の超高齢社会が到来します。この「高齢化問題(全般)」の一覧では、高齢者市場、QOL(生活の質)、医療・介護、認知症、雇用、家計・資産・金融行動について考察します。

年で絞り込む

2017年02月14日

高齢者の交通事故、どう防ぐ-“被害者・加害者”にならない「街づくり」

55071_ext_03_0_S.jpg

先週の本欄に『過去10年間の交通事故の発生状況をみると、発生件数、負傷者数、死者数のいずれも大幅に減少している』と書いた。ただし、人口の高齢化に伴い、交通...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年02月13日

技術革新が進む「障害者自立支援機器等」の開発-シーズ・ニーズのマッチングを促進する重要な取組-

2017年1月19日に大阪、2月3日に東京で厚生労働省の「障害者自立支援機器等開発促進事業」による「シーズ・ニーズマッチング交流会2016 ~作る人と使う...

続きを読む

青山 正治

青山 正治

社会研究部

2017年01月23日

長期少子化社会に潜む負のループ「赤ちゃんを知らない」子どもたち-未婚化・少子化社会データ検証:「イマジネーション力欠如」への挑戦-

54846_ext_03_0_S.jpg

日本において少子化社会が進行していることを知らない人は少ないであろう。小学生が授業で「日本は少子化だから」などと話す風景も見られるようになってきている。5...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2017年01月17日

高齢者は何歳からか?~求められる65歳からの“意識改革・生き方改革”

54828_ext_03_0_S.jpg

2017年1月、日本老年学会・日本老年医学会は「高齢者の定義と区分」について画期的な提言を発表した。以下のように、65~74歳を「准高齢者」、75~89歳...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2017年01月12日

魅力ある世界都市とは~魅力ある世界都市へのプロセスと課題 3/4

54800_ext_03_0_S.jpg

東京の文化プログラムは、今、関係機関が準備を進めているのですけれども、2020年を機に、東京はどんな文化戦略を描くべきか、私は五つにまとめてみました。一つ...

続きを読む

2017年01月10日

余命判定の時代-不確実性のない時代の生命保険-

54759_ext_03_0_S.jpg

昭和33年(1958年)の生まれである。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』舞台設定の年、東京タワーが完成し、長嶋さんが巨人軍に入団し、チキンラーメンが誕生し...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2016年12月29日

長く働ける社会~人生100年時代の働き方改革~

54716_ext_03_0_S.jpg

日本の平均寿命は、明治時代には男42.8歳、女44.3歳だったが、1970年には男は69.31歳、女は74.66歳に延びた。その後も平均寿命は長くなり20...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2016年12月28日

退職後、何年生きるのか?-「中期経済見通し」から見えるもの(その3)

54707_ext_03_0_S.jpg

人口減少、少子高齢化が進む日本では、高齢者の継続就業を進めることによって労働力人口の急速な減少に歯止めをかけることが不可欠である。当研究所が2016年10...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2016年12月27日

小型コミュニケーションロボットの活用に向けて-目指す活用シーンはビジネスからパーソナル、ホームと多彩-

2016年10月には様々なサービスロボットや産業用ロボット、IoT やICTなどの先端技術の製品群の展示会が毎週のように開催された。その一つに10月上旬に幕...

続きを読む

青山 正治

青山 正治

社会研究部

2016年12月26日

2つの出生力推移データが示す日本の「次世代育成力」課題の誤解-少子化社会データ再考:スルーされ続けた次世代育成の3ステップ構造-

54668_ext_03_0_S.jpg

いまや日本において少子化が進んでいることを知らない人はほとんどいなくなった。しかしその状況を正確に把握しているかといわれれば、漠然と把握している人がほとん...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2016年12月20日

注目高まるリビング・ラボ(Living Lab)~『鎌倉リビング・ラボ』の始動

54601_ext_03_0_S.jpg

2016年11月より、筆者も所属する東京大学高齢社会総合研究機構が中心となって『リビング・ラボ(Living Lab)』という“新しい地域活動(イノベーショ...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2016年11月17日

生涯現役促進地域連携事業の本来の意味

54365_ext_03_0_S.jpg

「生涯現役促進地域連携事業」が本年4月からスタートしている。正確には、10月末の時点で事業を実施する地域が決定されたところであり、これから各地で本格的に始...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2016年11月14日

都道府県別結婚式費用とそのエリアの結婚事情の関係性-少子化社会データ再考:エリアの派手婚・地味婚度合いは「結婚力」に関係するか-

54305_ext_03_0_S.jpg

1年以内に結婚するとしたらその最大の障壁は「結婚資金」であるという回答が2015年の国の調査で未婚男女ともトップとなった。結婚の意志のある未婚の男性の43...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2016年10月27日

【図解】あなたの隣の家、実は空き家かも?-都市別・エリア別に空き家率を見える化してみた

54184_ext_03_0_S.jpg

全国で空き家数 は増加し、住宅総数に占める空き家率 は上昇を続けています。2013年には全国で13.5%とおよそ7.5軒に1軒が空き家となりました。空き家の増...

続きを読む

竹内 一雅

竹内 一雅

金融研究部

2016年10月20日

「家派」女性の虚弱化予防~60代女性の「健康行動の始動・継続」に関する調査研究から

女性は長生きできる可能性が高いと同時に要介護状態になるリスクも高い。長生きをすれば、いつかは要介護の状態になることは避けられないことではあるが、できるだけ...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2016年10月14日

日本の医療は世界一か?-医療の国際数量比較

54101_ext_03_0_S.jpg

日本は、他国に比べて、病床数が突出して多い。医療スタッフを見ると、医師数は少なく、看護師数は中位に位置している。一方、薬剤師数は多い。また、高度医療機器で...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2016年09月20日

「脱・産みの苦しみ出産社会」を目指して-少子化社会データ再考:国際的に見た女性活躍と脱少子化に不利な日本のある特徴とは-

53869_ext_03_0_S.jpg

医療関係者はさておき一般的には、日本が国際的に見て「出産に関して非常に独特な先進国」であることはあまり知られていないかもしれない。そしてその「独特さ」が、...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2016年09月05日

長生きリスクに備えるには

7月下旬に公表された簡易生命表で、寿命や余命が昨年より延びていることが確認された。予想された内容とは言え、老後とりわけ長生きへの備えの必要性を再認識させら...

続きを読む

2016年08月16日

4人に1人は友人ゼロ(日本の高齢者)~4カ国比較調査から見える日本の高齢者の実態

53628_ext_03_0_S.jpg

内閣府が5年毎に実施している「高齢者の生活と意識に関する国際比較調査」の平成27年(第8回)の結果が公表された。その中身を眺めていたところ、一つのデータに...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2016年07月25日

超高齢化社会の“相続問題”‐相続人以外の貢献にどう報いるか-相続法改正中間試案シリーズ(4)(完)

53451_ext_03_0_S.jpg

相続法改正中間試案からトピックスを取り出して紹介するこのシリーズも本稿を持って一旦、完結としたい。本稿で取り上げるテーマは「相続人以外の者の貢献を考慮する...

続きを読む

松澤 登

松澤 登

生活研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

高齢化問題(全般)のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢化問題(全般)のレポート Topへ