消費者行動

女性、若年層、シニア層の購買行動、生命保険の加入実態、金融行動について、調査分析を行います。

年で絞り込む

2018年07月13日

海外のデータ活用事例について~英国 midata~

59069_ext_03_0_S.jpg

先月閣議決定された「未来投資戦略2018」では、データは「デジタル新時代の価値の源泉」とされ、その重要性が改めて示された。とりわけ重要なのがパーソナルデー...

続きを読む

牧野 敬一郎

牧野 敬一郎

総合政策研究部

2018年07月10日

日本のキャッシュレス化について考える

59029_ext_03_0_S.jpg

2017年5月に日本政府は「Fintechビジョンについて」の中で、「キャッシュレス決済比率」を民間消費支出に占めるクレジットカード、デビットカード、電子...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2018年07月09日

3割上限ルールの影響-結局、返礼品割合の高い自治体が選ばれる

59023_ext_03_0_S.jpg

先日公表された「ふるさと納税に関する現況調査結果(平成29年度実績)」によると、2017年度のふるさと納税額は3,653億円であった。対前年増加額は809...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2018年07月04日

多くの人の確定拠出年金は、ほとんどをリスク性資産に

58949_ext_03_0_S.jpg

企業型DCや個人型DC(iDeCo)の平均的な資産配分では、預金や保険といった元本確保型商品が5 割以上を占めている。しかし、世帯の保有する資産全体を見た時...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2018年07月03日

幸福度を高めるシェア経済-節約やプチ収入だけじゃない、誰かの役に立って嬉しい気持ち

58968_ext_03_0_S.jpg

シェアリングサービスと消費市場という話題になると、とかく日本では、既存企業の利益を奪う、市場がシュリンクするというネガティブな文脈で語られがちだ。日本では...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年07月02日

ふるさと納税の使途に注目が集まれば-都市部ほど有利だと考える根拠

58961_ext_03_0_S.jpg

2017年9月26日に発出された総務大臣書簡を機に、ふるさと納税の使途に注目する向きがある。その書簡において、ふるさと納税の更なる活用のために重要なことが...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2018年07月02日

健康に関わる女性の不安-年齢とともに感染や罹患から介護へ、未婚40代は不安最多だが半数は対策をしておらず

58967_ext_03_0_S.jpg

「家族に関わる女性の不安~多様化する女性のライフコースと不安、政策にも多様性の観点を」にて、家族に関わる女性の不安について、未既婚や子の有無、働き方などの...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年07月02日

エレベーターのボタンの配列-メーカー毎に必ずしも統一されていないようにも見えるが、その実態や考え方はどうなっているのか-

58964_ext_03_0_S.jpg

エレベーターに乗った時に、開閉や階数のボタンの位置が気になったことはないだろうか。どのエレベーターでも共通なのかと思いきや、現在我々が巷で目にしているエレ...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2018年06月26日

「泊食分離」による訪日客誘致-多様な観光ニーズに応えるために!

58907_ext_03_0_S.jpg

最近の温泉旅館の予約サイトをみると、食事の付いていないプランが掲載されていることがある。これまで温泉旅館といえば「1泊2食付き」が基本で、夕食には豪華な会...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2018年06月25日

シェアリング志向が強いのは誰?-安く買いたい若者だけでなく、堅実な公務員、合理的な高年収男性でも強い

58906_ext_03_0_S.jpg

シェア経済の拡大が続く。当初はクルマなど「モノ」のシェアという印象が強かったが、現在では「スペース」や「ヒト」、「スキル」、「お金」にまで拡大している。シ...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年06月19日

高齢者を直撃する物価上昇~世代間で格差~

58861_ext_03_0_S.jpg

2017年の消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合、以下も同じ)は前年比0.6%と2016年の同▲0.1%から2年ぶりにプラスに転じた。この上昇率は平均...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2018年06月01日

アイデアとテクノロジーで既存市場を塗り替えるベンチャー

58763_ext_03_0_S.jpg

2016年の夏、とある商品の販売ウェブサイトがアクセスの集中によってパンクした。パンクしたのは、株式会社土屋鞄製造所(東京都)の「ランドセル」の販売ウェブ...

続きを読む

中村 洋介

中村 洋介

総合政策研究部

2018年05月30日

ライフログ活用は進むか~パーソナルデータストア(PDS)や情報銀行に期待~

58747_ext_03_0_S.jpg

活用が期待されるビッグデータ。その中でもライフログの活用には期待が高く、Society5.0実現の鍵とも言われる。政府は制度の整備を進め、オープンなデータ...

続きを読む

牧野 敬一郎

牧野 敬一郎

総合政策研究部

2018年05月14日

超就職氷河期世代よりも老後が心配な世代-年代別黒字率の変化に思う

58650_ext_03_0_S.jpg

家計調査によると、勤労者世帯における年代別黒字率が最も高いのは29歳以下である。2002年は30歳代の黒字率が最も高かったのだが、ここ15年で逆転したらし...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2018年05月09日

増え行く単身世帯と消費市場への影響(1)-家計消費は2020年頃をピークに減少、2040年には現在の1割減、うち単身世帯3割弱、高齢世帯が半数へ

58631_ext_03_0_S.jpg

未婚化や核家族化、高齢化の進行で単身世帯の存在感が増している。現在、全体の世帯数の3割を超え、2040年には約4割となる。単身世帯の内訳を見ると、かつては...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年05月07日

なぜ消費は活性化しないのか-活性化を阻む6つの理由

58594_ext_03_0_S.jpg

アベノミクス開始から6年目に入ったが、依然として個人消費は力強さに欠ける。実質賃金の伸び悩みも大きな要因の1つだが、賃金はじわりと改善傾向を示す一方で、一...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年04月16日

ひとり暮らしの若者の家電事情-雇用環境改善でひとり暮らしが増加、パソコンやスマホがあるからテレビはいらない?

58431_ext_03_0_S.jpg

近年、ひとり暮らしの若者が増えている。背景にはアベノミクスによる雇用環境の改善がある。若年層の失業率や非正規雇用者率は低下しており、大学卒予定者の内定率は...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年04月06日

世界はキャッシュレスに向うー日本への観光来客数を維持するために必要なことを考えよう

58330_ext_03_0_S.jpg

出張で4年数ヶ月ぶりに英国のロンドンを訪れたところ、移動や食事の際に、以前との違いを明確に感じた。ネットで知らされていた以上に、キャッシュレス化が進んでい...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2018年03月28日

自動運転の普及とMaaS-完全自動運転が普及した社会とまちづくり。その3

58260_ext_03_0_S.jpg

自動運転を強力にサポートするのは、土木構造物としてのインフラではなく、MaaS(マース)というシステムである。これは、新たな交通インフラと言ってもよい。M...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2018年03月12日

共働き・子育て世帯の消費実態(3)~利便性重視志向の食生活、高い教育熱、クルマやスマホ所有が多く買い替え頻度も高い?時短・代行ニ ーズの理解が鍵。

58131_ext_03_0_S.jpg

本稿では、共働き世帯と専業主婦世帯の直近の消費支出の内訳について、主要品目だけでなく個別品目の違いまで見ることで、特徴を詳しく捉える。共働き世帯は専業主婦...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

消費者行動のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

消費者行動のレポート Topへ