消費者行動

女性、若年層、シニア層の購買行動、生命保険の加入実態、金融行動について、調査分析を行います。

年で絞り込む

2017年10月05日

家族に関わる女性の不安-多様化する女性のライフコースと不安、政策にも多様性の観点を

女性のライフコースが多様化する一方、依然として家庭内の負担は妻に偏る家庭が多い。また、そもそも女性は子を生む性であるため、家族形成に関わる不安を抱えがちだ...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年09月27日

「パワーカップル」世帯の動向(3)-妻の年収と金融資産、経済的余裕は比例するが、持ち家率は必ずしも比例しない

「パワーカップル世帯の動向(2)」では、20~60代の共働き妻の5.3%を占める年収700万円超のパワーカップル妻は、最近ではDINKSだけでなく、第一子...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年09月25日

最近の訪日外国人消費~旅行者増で消費額増。中国人の「爆買い」は中身が変わるも消費意欲は変わらず。今後はコト消費拡大が鍵。1泊増で+0.4兆円。

日本人の国内消費は力強さに欠けるようだが、訪日外国人旅行客の増加で旅行客による消費は拡大している。一方で2016年では「買い物代」をはじめ1人当たり消費額...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年09月21日

商業施設の売上環境はなぜ弱いのか?

今後、少子高齢化と電子商取引市場拡大の影響により、商業施設の売上環境は悪化する見通しである。拙稿の「商業施設売上高の長期予測」の分析では、商業施設売上高は...

続きを読む

佐久間 誠

佐久間 誠

金融研究部

2017年09月12日

「パワーカップル」世帯の動向(2)-年収700万円超の妻はDINKSだけでなく、出産前後の30歳代や子育て中もキャリアを積み続けた50歳代のDEWKSでも多い

「パワーカップル世帯の動向(1)」では、夫婦ともに年収700万円超は共働き世帯のわずか1.8%だが、じわりと増加傾向にあること、また、高年収の妻ほど夫も高...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年09月07日

使用年数が長期化する電化製品-買い控えはもったいない!?

56489_ext_03_0_S.jpg

皆さんの家にある電化製品は購入してどれくらい経つだろうか。内閣府は、毎年3月に主な耐久消費財の買い替えるまでの平均使用年数を調査している。

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2017年09月07日

ふるさと納税における競争は年々激化する-抜け道を完全に封鎖できるか?

56490_ext_03_0_S.jpg

平成29年度ふるさと納税に関する現況調査によると、平成28年度のふるさと納税額は2,844億円で、対前年度1.7倍となった。前年度の4.3倍と比較すると、...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2017年08月31日

商業施設売上高の長期予測~少子高齢化と電子商取引市場拡大が商業施設売上高に及ぼす影響~

商業施設の売上環境は、雇用・所得環境が改善するなど、足元では明るい兆しも見られる。しかし、今後は少子高齢化や電子商取引市場拡大による下押し圧力が高まること...

続きを読む

佐久間 誠

佐久間 誠

金融研究部

2017年08月28日

「パワーカップル」世帯の動向(1)-夫婦とも年収700万円超は共働き世帯の約2%でじわり増加。夫が高年収でも働く妻は増加傾向、夫婦間の経済格差拡大か。

少し前から、不動産をはじめとした消費市場で「パワーカップル」(購買力のある共働き夫婦)をいう言葉を耳にする。本稿と次稿では、今後、増えゆく共働き世帯の消費...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年07月25日

デフレ脱却の「プレミアム消費」-「こだわり」を顕在化する商品とサービス

56260_ext_03_0_S.jpg

最近、「プレミアム○○」という商品をよく見かける。「○○」には、ビール、スイーツ、コーヒー、カレーなどさまざまな商品名が入る。「プレミアム」は「付加価値の...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年07月25日

最近の訪日外国人消費-旅行者増で消費額増。中国人の「爆買い」は中身が変わるも消費意欲は変わらず。今後はコト消費拡大が鍵。1泊増で+0.4兆円。

日本人の国内消費は力強さに欠けるようだが、訪日外国人旅行客の増加で旅行客による消費は拡大している。一方で2016年では「買い物代」をはじめ1人当たり消費額...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年07月14日

使用年数が長期化する電化製品~買い控えはもったいない!?~

56176_ext_03_0_S.jpg

皆さんの家にある家電やパソコンなどの電化製品は購入してどれくらい経つだろうか。わが家ではテレビは買って9年目、パソコンは5年目、冷蔵庫は4年目、洗濯機は1...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2017年07月14日

抜け道を完全に封鎖できるか?-ふるさと納税における競争は年々激化する

56169_ext_03_0_S.jpg

先日、平成29年度ふるさと納税に関する現況調査が公表された。平成28年度のふるさと納税額は2,844億円で、対前年度1.7倍となった。前年度の4.3倍と比...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2017年07月13日

エンゲル係数の上昇を考える

エンゲルの法則は、家計の所得水準が高いほど生活費(消費支出)に占める食費(食料)の割合が低いというものだ。19世紀のドイツの統計学者、エルンスト・エンゲル...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2017年07月11日

医療広告規制の変化-医療機関の広告はどこまで可能なのか?

医療は、人の生命・身体に関わるサービスである。また、医療は極めて専門性の高いサービスでもある。こうしたことから、医療に関する広告については、様々な規制が設...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2017年07月11日

北京の街角から(その2)-変貌する都市景観

56150_ext_03_0_S.jpg

四半世紀ぶりに訪ねた中国・北京の都市景観は一変していた。多くの超高層ビルが林立し、その間を何本もの高速道路が走っている。北京随一の繁華街・王府井には、おし...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年07月10日

大学卒女性の働き方別生涯所得の推計-標準労働者は育休・時短でも2億円超、出産退職は△2億円。働き続けられる環境整備を。

「女性の活躍促進」政策により、仕事と子育ての両立環境の整備が進められている。しかし、依然として、女性が働き続けることは容易ではない。都市部では保育園待機児...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年07月06日

金融リテラシーは向上しているか-優先すべきは消費者視点に基づくチャネルの位置づけの再考

金融庁金融研究センターに設置された「金融経済教育研究会」が2013年4月に取りまとめ、公表した「金融経済教育研究会報告書」を踏まえて同年6月に金融広報中央...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2017年07月04日

ファミレスやカフェでの生保販売増えてませんか?-生命保険の説明や販売はどこで行われているのか-生命保険は「自宅」で説明や販売が行われるのが前提?-

56096_ext_03_0_S.jpg

「生命保険は家庭への訪問販売で売られるもの」という認識がある。この認識は生保業界内に、より強く浸透しているように思う。顧客の勤務先でコンタクトできればいい...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2017年07月04日

北京の街角から(その1)-変貌する交通機関

56094_ext_03_0_S.jpg

四半世紀ぶりに中国・北京を訪れた。正直、その変貌ぶりに驚いた。前回、私が降り立った北京空港は老朽化した薄暗い建物だった。2008年に供用開始された現在の北...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

消費者行動のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

消費者行動のレポート Topへ