マーケティング

「マーケティング」の一覧では、女性の消費実態、若年層の生活意識や消費行動、拡大するシニア市場への取り組み等、消費者の行動について、市場調査、アンケート調査等の実態調査を詳細に分析し将来を見通します。また、生保にかかわるマーケティングについては、近年急増する保険ショップの実態、アフターサービスとして実施している契約後確認活動の評価と効果、生保への加入行動等について継続的な分析を行っています。

年で絞り込む

2017年08月01日

東京オリンピックまで、「あと3年」-求められる「タイムマネジメント」

56315_ext_03_0_S.jpg

2020年東京オリンピック開幕まであと3年だ。大会の機運を盛り上げる記念イベントが各地で開催されている。競技施設の建設はじめ語学ボランティアの養成など、五...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年07月25日

最近の訪日外国人消費-旅行者増で消費額増。中国人の「爆買い」は中身が変わるも消費意欲は変わらず。今後はコト消費拡大が鍵。1泊増で+0.4兆円。

日本人の国内消費は力強さに欠けるようだが、訪日外国人旅行客の増加で旅行客による消費は拡大している。一方で2016年では「買い物代」をはじめ1人当たり消費額...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年07月25日

デフレ脱却の「プレミアム消費」-「こだわり」を顕在化する商品とサービス

56260_ext_03_0_S.jpg

最近、「プレミアム○○」という商品をよく見かける。「○○」には、ビール、スイーツ、コーヒー、カレーなどさまざまな商品名が入る。「プレミアム」は「付加価値の...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年07月11日

医療広告規制の変化-医療機関の広告はどこまで可能なのか?

医療は、人の生命・身体に関わるサービスである。また、医療は極めて専門性の高いサービスでもある。こうしたことから、医療に関する広告については、様々な規制が設...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2017年07月06日

金融リテラシーは向上しているか-優先すべきは消費者視点に基づくチャネルの位置づけの再考

金融庁金融研究センターに設置された「金融経済教育研究会」が2013年4月に取りまとめ、公表した「金融経済教育研究会報告書」を踏まえて同年6月に金融広報中央...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2017年07月04日

ファミレスやカフェでの生保販売増えてませんか?-生命保険の説明や販売はどこで行われているのか-生命保険は「自宅」で説明や販売が行われるのが前提?-

56096_ext_03_0_S.jpg

「生命保険は家庭への訪問販売で売られるもの」という認識がある。この認識は生保業界内に、より強く浸透しているように思う。顧客の勤務先でコンタクトできればいい...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2017年07月03日

チャネル多様化の進展状況-保険ショップ・FPチャネルにおける加入行動の変化の状況

足下の保険ショップの店舗数は、全体としては約2千店と概ね横ばいの状況にある。仮に、保険ショップ1店舗あたりの保険販売従事者が10人とすると、全国で2万人あ...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2017年06月15日

「キッズウィーク」への期待と課題~課題は山積み、まずは労働者が柔軟に休める仕組み作りを

政府は骨太の方針にて、2018年度から「キッズウィーク」の創設を打ち出した。地域ごとに夏休みなどの長期休暇の一部をずらし、親の有給休暇取得を促進する。力強...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年06月08日

不動産業へのブロックチェーンの応用可能性~不動産テックの動向とブロックチェーンの応用例~

55924_ext_03_0_S.jpg

不動産テック(Real Estate Tech)とは、不動産(Real Estate)とテクノロジー(Technology)をかけあわせた造語で、IT技術と不動...

続きを読む

佐久間 誠

佐久間 誠

金融研究部

2017年06月06日

「訪日外国人」急増の課題-成熟した「観光立国」への道

55894_ext_03_0_S.jpg

日本政府観光局(JNTO)の報道発表資料によると、2016年の訪日外客数は2400万人、2017年は4月までに既に900万人を突破、4月は前年同月比23....

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年05月17日

求められる20~40代の経済基盤の安定化-経済格差と家族形成格差の固定化を防ぎ、消費活性化を促す

本稿では、20~40代の経済基盤強化に向けた最近の主な政策を振り返るとともに、雇用情勢や消費の観点から見た意義を述べる。昨年6月に閣議決定された「ニッポン...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年04月25日

伝統的メディアとSNS・新興メディア

55578_ext_03_0_S.jpg

BREXIT、トランプ大統領誕生と事前の予想がはずれ、新聞やテレビといった伝統的メディアに対する信頼が大きく揺らいでいる。世論調査と結果のずれに見られる情...

続きを読む

宮垣 淳一

宮垣 淳一

経済研究部

2017年04月17日

新幹線の自由席に乗車して-乗客の行き先を明示するステッカーを導入してはどうですか-

55538_ext_03_0_S.jpg

これから、ゴールデンウィークのシーズンを迎えるが、この時期にいつも気になるのは、新幹線の込み具合である。実はこの前の春のお彼岸に実家の浜松に帰省した。この...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年03月17日

長時間働いているのは誰か-生活時間からみる労働負担偏重の状況

55281_ext_03_0_S.jpg

「働き方改革」に関する議論が注目されている。各種報道においても指摘されているように、今回の労使合意に基づけば、残業時間の上限特例が定められることによる長時...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2017年03月15日

共働き・子育て世帯の消費実態(1)-少子化でも世帯数は増加、収入減で消費抑制、貯蓄増と保険離れ

本稿では、1990年代以降、増えている共働き・子育て世帯の世帯数や家計収支の変化を専業主婦世帯と対比しながら確認する。少子化で子育て世帯は減っているが、共...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年02月16日

高齢者の社会参加は十分か-65歳以上高齢者の就業状況の変化

55090_ext_03_0_S.jpg

総務省統計局の「労働力調査」によれば、高齢者、特に65~74歳における就業率は、男女とも概ね一貫して上昇しており、特に60代後半の男性では2014年には半...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2017年02月15日

若年層の消費実態(5)-どこまで進んだ?デジタル・ネイティブ世代の「テレビ離れ」と「ネット志向」

本稿では、「若年層の消費実態」レポート第五弾として、デジタル・ネイティブ世代である今の若者のメディア利用状況や通信費の変化を捉えるとともに、情報通信技術の...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年01月17日

「保険」との適切な距離感とは-「生活保障調査」からみる若年加入者の加入状況の変化

他の業界同様、保険においても若年層の「○○離れ」が喧伝されてきた。一方で、各種調査にみられるように結婚や出産といったライフイベントを経験した層では、従来と...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2017年01月13日

働き方改革、プレミアムフライデーによる個人消費への影響~可処分時間の使い方とつながりに注目

54808_ext_03_0_S.jpg

昨年から、政府は「働き方改革」を強く推し進めている。同一労働同一賃金や賃金引き上げ、長時間労働の是正が重点課題として議論される一方、女性や高齢者の労働力が...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2017年01月05日

日本のインバウンド~魅力ある世界都市へのプロセスと課題 1/4

54736_ext_03_0_S.jpg

2016年10月18日「ポスト2020、魅力ある世界都市へ - 訪日客数4000万人時代への挑戦 -」をテーマにニッセイ基礎研シンポジウムを開催しました。基調講...

続きを読む

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

マーケティングのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

マーケティングのレポート Topへ