雇用・人事管理

経営環境が日々変化するようになった現在、雇用や人材の管理についても企業は様々な変化に柔軟に対応することが求められています。この「雇用・人事管理」の一覧では高齢者雇用、非正規雇用、労働者派遣、労働法制等、雇用や人事管理にかかわる実態や法制度について考察し、提言を行います。また雇用に関わる法制度だけではなく、女性や若年層がより活躍できる社会、高齢者の雇用改革など働き方のあり方についても提言を行っていきます。

年で絞り込む

2018年01月31日

競争と協調~企業の存在意義はどこにあるのか~

57780_ext_03_0_S.jpg

1991年12月にソ連が崩壊したことで、ロシア革命を経て1922年にソビエト連邦が成立して始まった社会主義(共産主義)と資本主義との対立は事実上終わった。...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2018年01月31日

健康経営の基本構造

57777_ext_03_0_S.jpg

健康経営とは、どのような取組みなのか、何を達成しようとしているのか、実態は企業によってかなり違いがあるように見受けられます。例えば以下のような基本的な事柄...

続きを読む

江木 聡

江木 聡

金融研究部

2018年01月30日

若者の「内向き志向」は本当か?-潜在する動機・意欲を引き出す早期教育の必要性-

57759_ext_03_0_S.jpg

日本の若者について、内向き志向で海外への関心や興味が少ないなどと評されることが多い。この点に関し、毎年継続的に実施されている産業能率大学の直近の調査(20...

続きを読む

平賀 富一

平賀 富一

保険研究部

2018年01月19日

Crowd work: The rise of unstable work and potential measures to prevent the proliferation of the working poor

57656_ext_03_0_S.jpg

Recently, phrases like “gig economy” and “crowd worker” are commonly used in mass media. “C...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年01月17日

対数(自然対数)を理解しよう!-対数の定義と分析結果の解釈について-

57651_ext_03_0_S.jpg

統計学や計量分析でよく使われるのが対数であるが、対数という言葉を聞くだけで急に頭が痛くなる人も少なくないだろう。また、研究者の中には、せっかく対数を使って...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年01月16日

保育士の賃金を考える~賃金カーブの改善と保育の質の確保を~

57637_ext_03_0_S.jpg

待機児童問題のネックとなっているのが保育士不足であり、その要因には賃金の低さがある。本稿では、現状における保育士の処遇と背景、改善策について論じる。まず、...

続きを読む

坊 美生子

坊 美生子

社会研究部

2018年01月15日

WeWorkのビジネスモデルと不動産業への影響の考察(2)-Amazonを参考にプラットフォーマーという視点からの分析

57617_ext_03_0_S.jpg

WeWorkのビジネスモデルと不動産業への影響を読み解く全2回のレポートでは、第1回でAmazonを参考にプラットフォーマーの特徴や既存業界への影響などを...

続きを読む

佐久間 誠

佐久間 誠

金融研究部

2017年12月28日

日本経済・社会を活性化する起業の促進のために最も必要なこと

57501_ext_03_0_S.jpg

前回の弊コラム(2017年11月30日付、研究員の眼「世界のビジネスモデルを変革する起業家の出現を期待!」)では、新たな製品・サービス、ビジネスモデルによ...

続きを読む

平賀 富一

平賀 富一

保険研究部

2017年12月27日

日本におけるテレワークの現状や課題-長時間労働の改善のための考察-その2-

57498_ext_03_0_S.jpg

最近、政府が働き方改革を推進するとともに、テレワークに対する関心も高まっている。テレワークとは、遠いという意味のteleと仕事のworkを組み合わせた造語...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年12月07日

長時間労働の改善のための考察-新たな政策の無理な実施より既存の制度の定着を

57262_ext_03_0_S.jpg

日本で長時間労働による弊害と過労死が社会的に注目され始めたのは1980年代後半からである。当時の日本人の労働者一人当たりの平均総実労働時間は2,100時間...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年11月20日

女性労働力率M字カーブの底上げだけが問題の本質なのか。-女性活躍推進データ再考:「補助人材」としての女性活躍推進にならないために

57195_ext_03_0_S.jpg

日本の女性活躍推進がいかに遅れているかということを顕著に示す国際比較データとしてよく提出される「年齢階層別女性労働力率のM字カーブ」データ。このM字の谷底...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2017年11月14日

真の「男女平等」の社会像とは?-「ジェンダー・ギャップ」を読み解く

57140_ext_03_0_S.jpg

アメリカのトランプ大統領訪日とともに大きな話題になったのが、大統領補佐官を務める同大統領の娘イヴァンカ・トランプさんだ。東京で開催された「国際女性会議WA...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年11月07日

「女性の活躍推進」とは?-「ケアする経験」が育む多様な資質を活かす働き方

57068_ext_03_0_S.jpg

日本は人口減少時代を迎え、労働力不足が懸念される中、一層の「女性の活躍推進」が期待される。政府は2020年までに「指導的地位に占める女性の割合」を3割に引...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年11月06日

若年・子育て世帯で厳しさを増す住宅負担~改正住宅セーフティネット法で負担軽減制度スタートへ~

57060_ext_03_0_S.jpg

単身の若年世帯や子育て世帯にとって、過去約20年で生活は厳しくなり、家計で大きなウェートを占める住宅費の負担が重くなっている。バブル経済崩壊後に非正規雇用...

続きを読む

坊 美生子

坊 美生子

社会研究部

2017年11月02日

人手不足に対する採用のあり方-博士課程修了者の採用からみる人材の活用

57044_ext_03_0_S.jpg

安倍首相が掲げる「ニッポン一億総活躍プラン」の下、あらゆる場で、誰もが活躍できる、全員参加型の一億総活躍社会を実現しようとしている。その背景にあるのが少子...

続きを読む

清水 仁志

清水 仁志

経済研究部

2017年10月11日

長時間労働の改善のための考察-その1 - 新たな政策の無理な実施より既存の制度の定着を -

日本で長時間労働による弊害と過労死が社会的に注目され始めたのは1980年代後半からである。日本における長時間労働やサービス残業は、終身雇用制や年功序列制度...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年10月05日

東京オリンピックまで、「3年」切った~求められる「タイムマネジメント」

56792_ext_03_0_S.jpg

2020年の東京オリンピック開幕まで「3年」を切った。大会の機運を盛りあげる記念イベントが各地で開催されている。。競技施設の建設はじめ語学ボランティアの養...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年09月07日

不安定な働き方、クラウドワーカーが急増-ワーキングプアの拡大を防ぐ対策を

最近、マスコミからギグ・エコノミーやクラウドワーカーという言葉をよく耳にする。クラウドワークとは、インターネットのプラットフォームを通じて単発の仕事を依頼...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年09月05日

デフレ脱却と「消費の二極化」-「労働時間縮減」と「所得向上」を目指す「働き方改革」を!

56569_ext_03_0_S.jpg

内閣府が8月14日に公表した2017年4-6月期の実質GDPは、前期比年率で4.0%の増加だった。設備投資や個人消費などの内需が堅調で、家計部門では自動車...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年08月28日

夫婦調査に見る「学歴上位妻の台頭」-生涯未婚データ考-男性が背負わない結婚、という選択

56493_ext_03_0_S.jpg

筆者が2017年2月に発表した「年の差婚」の希望と現実-未婚化・少子化社会データ検証-データが示す「年の差」希望の叶い方、では、今や初婚カップルの4組に1...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

雇用・人事管理のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

雇用・人事管理のレポート Topへ