雇用・人事管理

経営環境が日々変化するようになった現在、雇用や人材の管理についても企業は様々な変化に柔軟に対応することが求められています。この「雇用・人事管理」の一覧では高齢者雇用、非正規雇用、労働者派遣、労働法制等、雇用や人事管理にかかわる実態や法制度について考察し、提言を行います。また雇用に関わる法制度だけではなく、女性や若年層がより活躍できる社会、高齢者の雇用改革など働き方のあり方についても提言を行っていきます。

年で絞り込む

2017年02月20日

「男性の育児休業」で変わる意識と働き方-100%取得推進の事例企業での調査を通じて

男性の育児参加については、少子化の抑制、女性活躍推進のための環境整備といった政策的な観点のみならず、育児参加を希望する男性従業員等のモチベーションを向上さ...

続きを読む

松浦 民恵

松浦 民恵

生活研究部

2017年02月03日

同一労働・同一賃金と退職金・企業年金

昨年末、働き方改革の柱の一つ、同一労働・同一賃金を実現する法改正に向け、非正規社員と正社員の処遇を合わせるためのガイドラインが公表された。そこで取り上げら...

続きを読む

2016年12月26日

『逃げ恥』にみる夫婦像-「有償労働」と「無償労働」を考える

54667_ext_03_0_S.jpg

ちょっと変わった題名のテレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(逃げ恥)が人気を集めている。10月の放送開始時には10%程度の視聴率だったが、回を重ねるごと...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2016年12月22日

一億総活躍社会の「働き方」-「生産性向上」、「長寿化社会」、「共働き社会」の実現に向けて

わが国は急速な人口減少時代を迎えている。今年10月、総務省が公表した2015年の国勢調査の確定値では、日本の総人口は1億2709万5千人と、前回の2010...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2016年12月20日

なぜ韓国では最低賃金を守らない企業が多いのか?―韓国の最低賃金の未満率は11.5%で日本の約6倍―

2016年8月に告示された韓国の2017年の最低賃金は6,470ウォンで今年の6,030ウォンに比べて7.3%も引き上げられた。最低賃金の引き上げ率が高い...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2016年12月07日

「130万円の壁」を巡る誤解-2016年10月からの適用要件拡大の意味を正しく理解する

女性の就業を阻害する制度面の壁としては、配偶者控除(103万円の壁)と社会保険(ここでは年金・健康保険を指す)の被扶養者枠(130万円の壁)が取り上げられ...

続きを読む

松浦 民恵

松浦 民恵

生活研究部

2016年12月06日

一億総活躍の“社会像”-「有償労働」と「無償労働」の調和“ワークライフハーモニー”

54484_ext_03_0_S.jpg

本格的な人口減少時代の労働力確保に向けて、女性の就労を後押しするために来年度の税制改正で「配偶者控除」の見直しが議論されている。パートやアルバイトなどで働...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2016年11月29日

「配偶者控除」の行方-「税制」は、社会の姿を写す鏡

54426_ext_03_0_S.jpg

近年、税制改革の論議で俎上によく上がるのが「配偶者控除」の見直しだ。政府は本格的な人口減少時代の労働力を確保するために女性の活躍を推進し、その就労を後押し...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2016年11月17日

再び注目される副業-人事実務からみた課題と方向性

副業に注目が集まっているなか、本稿では、副業の現状を概観したうえで、副業に関する過去の議論や課題整理を紹介し、主に人事実務の視座に立って今後の課題と方向性...

続きを読む

松浦 民恵

松浦 民恵

生活研究部

2016年11月08日

人口減少時代の「働き方改革」-長時間労働なくす生産性の向上を!

54267_ext_03_0_S.jpg

政府が「一億総活躍社会」を目指す背景には、わが国の急速な人口減少に対する強い危機意識がある。今年10月に総務省が公表した2015年の国勢調査の確定値では、...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2016年11月08日

夫婦控除の創設について~家計の可処分所得への影響~

既婚女性が就業調整を行う原因として指摘される配偶者控除の見直しは、政府が進める女性の活躍促進や働き方改革の一環として注目を集めてきた。政府税制調査会(以下...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2016年10月25日

なぜ日本人は有給休暇を取らないのか?-「長時間労働=勤勉」、「長時間労働=当たり前」という旧時代の意識や風土にメスを!

日本政府は有給休暇の取得を奨励しているものの、2014年の有給休暇の取得率は47.3%で、2004年の46.6%に比べて大きく改善されていない。日本の労働...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2016年10月19日

「130万円の壁」を巡る誤解-2016年10月からの適用要件拡大の意味を正しく理解する

2016年10月から社会保険の適用要件が拡大された。しかしながら、従来から女性の就業を阻害するとされてきた「130万円の壁」そのものについても、10月から...

続きを読む

松浦 民恵

松浦 民恵

生活研究部

2016年10月17日

データが示す「ニッポンの母の就業の現状」とその問題点-少子化社会・女性活躍データ再考:「働く母」の活躍の道はどのように開かれるのか-

54103_ext_03_0_S.jpg

6月2日に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」において「三本の矢」とされる中心となる政策の柱の2本目である「夢をつむぐ子育て支援」。子どもをもつかど...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2016年10月07日

残業があたり前の時代は終わる―正社員の「働き方改革」のこれから

働き方改革に取り組む企業が増えている。NTTデータ経営研究所/ NTTコムオンライン・マーケティング・ソリューションの調査によると、「働き方変革」に取り組ん...

続きを読む

松浦 民恵

松浦 民恵

生活研究部

2016年09月27日

日銀「現実路線への政策転換」~金融に頼ったアベノミクス運営のターニングポイント

53930_ext_03_0_S.jpg

日銀は9月21日、金融政策の新しい枠組み「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を打ち出した。「イールドカーブコントロール」(長短期金利操作)と「オーバーシ...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

経済研究部

2016年09月15日

今なぜ働き方改革が進んでいるのだろうか?-データで見る働き方改革の理由-

日本政府は人口や労働力人口が継続して減少している中で、長時間労働・残業などの悪しき慣習が日本経済の足を引っ張って生産性低下の原因になっていると考え、最近、...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2016年09月08日

働き方改革はどこに向かうのか~時間制約のあるフルタイム勤務への「移行」と「多元化」

本稿では、働き方改革が活発化している背景や取組内容を概観し、取組の方向がどのような流れにあるのかについて考えている。働き方改革の取組が活発化している背景と...

続きを読む

松浦 民恵

松浦 民恵

生活研究部

2016年09月06日

まずは3年運動をしてみる~中高年男性の、運動実施率とBMIの5年観察

本稿では、中高年男性に多い「肥満1度」に注目し、5年後にBMIが改善した層、変化がなかった層、悪化した層にわけて、5年間の運動の実施・継続状況を確認した。...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2016年08月12日

読めない未来と若者のキャリア~「働き方の未来2035」に思う

53610_ext_03_0_S.jpg

「少子高齢化により、悲観的なシナリオだと、2030年には労働力人口が872万人減少する。この2~5年、人材獲得競争が熾烈になってきているのは、構造的な人口...

続きを読む

松浦 民恵

松浦 民恵

生活研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

雇用・人事管理のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

雇用・人事管理のレポート Topへ