雇用・人事管理

経営環境が日々変化するようになった現在、雇用や人材の管理についても企業は様々な変化に柔軟に対応することが求められています。この「雇用・人事管理」の一覧では高齢者雇用、非正規雇用、労働者派遣、労働法制等、雇用や人事管理にかかわる実態や法制度について考察し、提言を行います。また雇用に関わる法制度だけではなく、女性や若年層がより活躍できる社会、高齢者の雇用改革など働き方のあり方についても提言を行っていきます。

年で絞り込む

2017年08月08日

より多様な道のある社会 -スポーツ嫌い半減目標の波紋

56330_ext_03_0_S.jpg

今年3月にスポーツ庁が「第2期スポーツ基本計画」で、スポーツ嫌いの中学生を半減するという目標を掲げたところ、反発の声が上がっているという。

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2017年08月01日

東京オリンピックまで、「あと3年」-求められる「タイムマネジメント」

56315_ext_03_0_S.jpg

2020年東京オリンピック開幕まであと3年だ。大会の機運を盛り上げる記念イベントが各地で開催されている。競技施設の建設はじめ語学ボランティアの養成など、五...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年07月26日

課長がもっと輝けば、日本経済はもっと良くなる

56277_ext_03_0_S.jpg

多くの新入社員が管理職になることに消極的な姿勢をみせている。公益財団法人日本生産性本部が昨年秋に実施した新入社員を対象にした調査(有効回答数264)によれ...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2017年07月24日

高齢者がより活躍できる労働市場の構築を目指して-同一労働同一賃金の原則が高齢者にも適用できる取り組みの実施を-

政府は労働力人口の減少に対応する目的で2004年に高年齢者雇用安定法を改正(2006年4月1日施行)し、それまで努力義務であった 65 歳までの高年年齢者雇用...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年07月19日

海外や日本におけるクラウドワーカーの現状や課題―新しいワーキングプアや貧困・格差の拡大を防ぐ対策の実施を―

最近、マスコミからギグ・エコノミー(gig economy)やクラウドワーカー(crowd worker)という言葉をよく耳にする。クラウドワークとは、インタ...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年07月07日

今なぜ働き方改革が進んでいるのだろうか?-データで見る働き方改革の理由

日本政府は人口や労働力人口が継続して減少している中で、長時間労働・残業などの悪しき慣習が日本経済の足を引っ張って生産性低下の原因になっていると考え、最近、...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年06月30日

より多様な道のある社会~スポーツ嫌い半減目標の波紋~

56062_ext_03_0_S.jpg

今年3月にスポーツ庁が「第2期スポーツ基本計画」で、スポーツ嫌いの中学生を半減するという目標を掲げたところ、反発の声が上がっているという。スポーツ庁が20...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2017年06月28日

祝日のない6月に改めて休暇について考えた

56047_ext_03_0_S.jpg

子供の頃に読んだ「ドラえもん」の中で、今でも記憶に残っているのが、のび太が6月には祝日が1日もないことを嘆いている場面だ。当時(1978年)は、海の日(7...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2017年06月26日

「専業母と兼業母の出生力」-少子化・女性活躍データ考察-女性労働力率M字カーブ解消はなぜ必要なのか

56020_ext_03_0_S.jpg

「女性は子どもが生まれたら仕事をやめて、育児に専念する。その方が、日本の少子化は止まるのではないか」「専業主婦の方が子育てに専念できるので、子どもを産むの...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2017年06月20日

「キッズウィーク」と「休み方改革」-「教育政策」か「労働政策」か

55996_ext_03_0_S.jpg

今年の6月1日に政府の教育再生実行会議が、『自己肯定感を高め、自らの手で未来を切り拓く子供を育む教育の実現に向けた、学校、家庭、地域の教育力の向上(第十次...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年05月30日

「働き方改革」と「散歩」の効用-「あそび」や「ゆとり」を見出す方法

55826_ext_03_0_S.jpg

電通社員の痛ましい過労自殺が契機となり、さまざまな「働き方改革」が政労使で検討されている。長時間労働を解消し、だれもがムリなくワーク・ライフ・バランスを実...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年05月10日

残業時間の上限規制、残された課題は?ー労働者保護の立場に立った政策の推進を!

55606_ext_03_0_S.jpg

経団連と連合は3月13日、働き方改革の一環として残業時間の上限を最大で年720時間(月平均60時間)までに制限するという、残業時間の上限規制について労使で...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年04月18日

「人口統計」にみる時代の変化-「統計データ」を“深読み”する

55544_ext_03_0_S.jpg

今月10日、国立社会保障・人口問題研究所が、平成27年の国勢調査結果が確定したことを受けて、「日本の将来推計人口(平成29年推計)」を公表した。2065年...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年04月13日

プレミアムフライデーと休日の格差-新しい格差が広がらないようにより慎重な働き方改革の実施を!-

最近、政府が働き方改革の中で最も力を入れているのは長時間労働の是正であり、その一環として今年の2月24日から「プレミアムフライデー(Premium Frid...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年04月11日

「てるみくらぶ」の経営破綻-問われる企業経営者の「責務」

55476_ext_03_0_S.jpg

格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京・渋谷)が3月27日に経営破綻、東京地裁に自己破産を申請した。3月23日に国際航空運送協会(IATA)への支払が滞り、2...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年04月07日

「男性の育児休業」で変わる意識と働き方-100%取得推進の事例企業での調査を通じて

男性の育児参加については、少子化の抑制、女性活躍推進のための環境整備といった政策的な観点のみならず、育児参加を希望する男性従業員等のモチベーションを向上さ...

続きを読む

松浦 民恵
2017年03月29日

コーポレートガバナンス改革・ROE経営とCRE戦略

2014年以降、日本版スチュワードシップ・コードやコーポレートガバナンス・コードの制定など「コーポレートガバナンス改革」が、アベノミクスの成長戦略の一環と...

続きを読む

百嶋 徹

百嶋 徹

社会研究部

2017年03月28日

親の介護と働き方改革

55351_ext_03_0_S.jpg

最近経営者の方とお話をすると、「○○部長さんが親御さんの介護で会社を辞めた」と介護離職の話題がでてくるようになってきた。特に地方の中小企業にとっては、なか...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

経済研究部

2017年03月21日

「給付型奨学金」に期待-「貧困の連鎖」止める教育機会の平等を!

55289_ext_03_0_S.jpg

「子どもの相対的貧困率」16.3%、OECD加盟34か国中で25位、日本の子どもの6人にひとりが貧困世帯で暮らしている、と聞いてもピンとこない人が多いだろ...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年03月17日

長時間働いているのは誰か-生活時間からみる労働負担偏重の状況

55281_ext_03_0_S.jpg

「働き方改革」に関する議論が注目されている。各種報道においても指摘されているように、今回の労使合意に基づけば、残業時間の上限特例が定められることによる長時...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

雇用・人事管理のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

雇用・人事管理のレポート Topへ