雇用・人事管理

経営環境が日々変化するようになった現在、雇用や人材の管理についても企業は様々な変化に柔軟に対応することが求められています。この「雇用・人事管理」の一覧では高齢者雇用、非正規雇用、労働者派遣、労働法制等、雇用や人事管理にかかわる実態や法制度について考察し、提言を行います。また雇用に関わる法制度だけではなく、女性や若年層がより活躍できる社会、高齢者の雇用改革など働き方のあり方についても提言を行っていきます。

年で絞り込む

2017年04月18日

「人口統計」にみる時代の変化-「統計データ」を“深読み”する

55544_ext_03_0_S.jpg

今月10日、国立社会保障・人口問題研究所が、平成27年の国勢調査結果が確定したことを受けて、「日本の将来推計人口(平成29年推計)」を公表した。2065年...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年04月13日

プレミアムフライデーと休日の格差-新しい格差が広がらないようにより慎重な働き方改革の実施を!-

最近、政府が働き方改革の中で最も力を入れているのは長時間労働の是正であり、その一環として今年の2月24日から「プレミアムフライデー(Premium Frid...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年04月11日

「てるみくらぶ」の経営破綻-問われる企業経営者の「責務」

55476_ext_03_0_S.jpg

格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京・渋谷)が3月27日に経営破綻、東京地裁に自己破産を申請した。3月23日に国際航空運送協会(IATA)への支払が滞り、2...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年04月07日

「男性の育児休業」で変わる意識と働き方-100%取得推進の事例企業での調査を通じて

男性の育児参加については、少子化の抑制、女性活躍推進のための環境整備といった政策的な観点のみならず、育児参加を希望する男性従業員等のモチベーションを向上さ...

続きを読む

松浦 民恵
2017年03月29日

コーポレートガバナンス改革・ROE経営とCRE戦略

2014年以降、日本版スチュワードシップ・コードやコーポレートガバナンス・コードの制定など「コーポレートガバナンス改革」が、アベノミクスの成長戦略の一環と...

続きを読む

百嶋 徹

百嶋 徹

社会研究部

2017年03月28日

親の介護と働き方改革

55351_ext_03_0_S.jpg

最近経営者の方とお話をすると、「○○部長さんが親御さんの介護で会社を辞めた」と介護離職の話題がでてくるようになってきた。特に地方の中小企業にとっては、なか...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

経済研究部

2017年03月21日

「給付型奨学金」に期待-「貧困の連鎖」止める教育機会の平等を!

55289_ext_03_0_S.jpg

「子どもの相対的貧困率」16.3%、OECD加盟34か国中で25位、日本の子どもの6人にひとりが貧困世帯で暮らしている、と聞いてもピンとこない人が多いだろ...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年03月17日

長時間働いているのは誰か-生活時間からみる労働負担偏重の状況

55281_ext_03_0_S.jpg

「働き方改革」に関する議論が注目されている。各種報道においても指摘されているように、今回の労使合意に基づけば、残業時間の上限特例が定められることによる長時...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2017年03月14日

残業時間の上限規制、残された課題は?-労働者保護の立場に立った政策の推進を!-

55263_ext_03_0_S.jpg

経団連と連合は13日、働き方改革の一環として残業時間の上限を最大で月60時間(年720時間)までに制限するという、残業時間の上限規制について労使で合意し、...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年03月14日

「利便性」はタダではない-適正な「サービス対価」は、労働生産性を向上させる

55259_ext_03_0_S.jpg

宅配便が危機を迎えている。増加する一方の取扱い貨物数に対して、トラックドライバーや配達員などの人出不足が深刻になっているのだ。業界最大手のヤマト運輸では、...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2017年03月08日

加速する「働き方改革」。-長時間労働や残業のない社会は本当にやってくるのか?データで見る働き方改革の理由

日本政府は人口や労働力人口が継続して減少している中で、長時間労働・残業などの悪しき慣習が日本経済の足を引っ張って生産性低下の原因になっていると考え、最近、...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年02月28日

ギグ・エコノミーやクラウドワーカーの登場は新しい貧困を生み出すだろうか?

55167_ext_03_0_S.jpg

最近、マスコミからギグ・エコノミー(Gig Economy)やクラウドワーカー(Crowd Worker)という言葉をよく耳にする。ギグ(Gig)とは、そもそ...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年02月20日

「男性の育児休業」で変わる意識と働き方-100%取得推進の事例企業での調査を通じて

男性の育児参加については、少子化の抑制、女性活躍推進のための環境整備といった政策的な観点のみならず、育児参加を希望する男性従業員等のモチベーションを向上さ...

続きを読む

松浦 民恵
2017年02月03日

同一労働・同一賃金と退職金・企業年金

昨年末、働き方改革の柱の一つ、同一労働・同一賃金を実現する法改正に向け、非正規社員と正社員の処遇を合わせるためのガイドラインが公表された。そこで取り上げら...

続きを読む

2016年12月26日

『逃げ恥』にみる夫婦像-「有償労働」と「無償労働」を考える

54667_ext_03_0_S.jpg

ちょっと変わった題名のテレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(逃げ恥)が人気を集めている。10月の放送開始時には10%程度の視聴率だったが、回を重ねるごと...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2016年12月22日

一億総活躍社会の「働き方」-「生産性向上」、「長寿化社会」、「共働き社会」の実現に向けて

わが国は急速な人口減少時代を迎えている。今年10月、総務省が公表した2015年の国勢調査の確定値では、日本の総人口は1億2709万5千人と、前回の2010...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2016年12月20日

なぜ韓国では最低賃金を守らない企業が多いのか?―韓国の最低賃金の未満率は11.5%で日本の約6倍―

2016年8月に告示された韓国の2017年の最低賃金は6,470ウォンで今年の6,030ウォンに比べて7.3%も引き上げられた。最低賃金の引き上げ率が高い...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2016年12月07日

「130万円の壁」を巡る誤解-2016年10月からの適用要件拡大の意味を正しく理解する

女性の就業を阻害する制度面の壁としては、配偶者控除(103万円の壁)と社会保険(ここでは年金・健康保険を指す)の被扶養者枠(130万円の壁)が取り上げられ...

続きを読む

松浦 民恵
2016年12月06日

一億総活躍の“社会像”-「有償労働」と「無償労働」の調和“ワークライフハーモニー”

54484_ext_03_0_S.jpg

本格的な人口減少時代の労働力確保に向けて、女性の就労を後押しするために来年度の税制改正で「配偶者控除」の見直しが議論されている。パートやアルバイトなどで働...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2016年11月29日

「配偶者控除」の行方-「税制」は、社会の姿を写す鏡

54426_ext_03_0_S.jpg

近年、税制改革の論議で俎上によく上がるのが「配偶者控除」の見直しだ。政府は本格的な人口減少時代の労働力を確保するために女性の活躍を推進し、その就労を後押し...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

雇用・人事管理のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

雇用・人事管理のレポート Topへ