欧米保険事情

「欧米保険事情」の一覧では、保険先進国である米国・欧州生保の販売動向、商品戦略、販売チャネル、マーケティング、顧客サービス、ディスクロージャー、コーポレートガバナンス、リスク管理、資産運用、顧客保護、監督当局の動向等について、今海外市場で起こっていることを定期的かつタイムリーにレポートしていきます。また「欧米生保市場定点観測」として日本の生保市場に波及してくるような各国のトピックスとなる情報を定期的にお届けいたします。

年で絞り込む

2017年08月15日

医療機器の生産・出荷と輸出入-医療機器の輸入超過は、どの程度進んでいるか?

日本の成長戦略の重要な分野として、医療機器の製造が挙げられる。医療機器には、コンピューターや、高度な精密機械技術を要するものがある。また、体内組織を代替す...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2017年08月08日

米国生保業界における2016年のM&A、事業再編等の動向-数と規模は対前年で減少、目立つ環境対応、守りの姿勢-

2016年、米国生保業界におけるM&Aの数と規模は対前年で減少した。2015年に目立った日中の生保会社による買収は、2016年は中国の会社による1件のみ。...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2017年08月07日

IAISが拡張フィールドテストのためのICS(保険資本基準)Version1.0を公表-保険負債評価の割引率について-

IAIS(保険監督者国際機構)が、保険会社に対する国際的な資本規制であるICS(Insurance Capital Standard:保険資本基準)に関して、...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年08月03日

女性医療の現状(後編)-骨粗鬆症のリスクを減らすには、どうしたらよいか?

前稿(前編)では、女性のライフサイクルと、胎児・幼児期から、思春期、性成熟期、妊娠・出産までの女性医療の主なテーマについて概観した。その中で、女性には、月...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2017年07月28日

女性医療の現状(前編)-無理なダイエットは、高齢期にどのような影響をもたらすか?

日本では、高齢化が進む中で、高齢者への医療のあり方が問われている。非効率なサービスや、財政の逼迫など、保険を含めた医療制度の改革は、喫緊の課題となっている...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2017年07月25日

EUと米国の間の再保険規制を巡る動きについて-トランプ政権もカバード・アグリーメントを承認へ-

「欧州連合(EU)と米国の対話プロジェクト(EU-US Dialogue Project)」及びそこで協議されていた「カバード・アグリーメント(Covered ...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年07月25日

後発医薬品の普及-調剤医療費の増加は抑制できているか?

高齢化が進む中で、増大する医療費への関心は高まっている。その中でも、医薬品については、メディアで取り上げられることが増えている。本稿では、現在、医薬品費用...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2017年07月24日

欧州保険会社が2016年のSFCR(ソルベンシー財務状況報告書)を公表(4)-SFCRからの具体的内容の抜粋報告(その3)-

欧州の保険会社各社が5月中旬から6月末にかけて公表した単体及びグループベースのSFCR(Solvency and Financial Condition Repo...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年07月19日

欧州保険会社が2016年のSFCR(ソルベンシー財務状況報告書)を公表(3)-SFCRからの具体的内容の抜粋報告(その2)-

欧州の保険会社各社が5月中旬から6月末にかけて公表した単体及びグループベースのSFCR(Solvency and Financial Condition Repo...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年07月18日

欧州保険会社が2016年のSFCR(ソルベンシー財務状況報告書)を公表(2)-SFCRからの具体的内容の抜粋報告(その1)-

欧州の保険会社各社が5月中旬から6月末にかけて公表した単体及びグループベースのSFCR(Solvency and Financial Condition Repo...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年07月11日

欧州保険会社が2016年のSFCR(ソルベンシー財務状況報告書)を公表(1)-全体的な状況報告-

欧州の保険会社各社が5月中旬から6月末にかけて、単体及びグループベースのSFCR(Solvency and Financial Condition Report:...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年07月05日

ますます巨大化する米国の大手医療保険会社-国民に医療保障を届ける唯一無二の存在へ-オバマケアの帰趨に左右されない強さ

ビル・クリントン氏が大統領に就任した1993年、ファーストレディとなったヒラリー・クリントン氏は、ホワイトハウスの西館に執務室を構え、厚生、財務、商務、労...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2017年07月04日

救急搬送と救急救命のあり方

日本では、高齢化が進んでいる。2025年には、団塊の世代(1947~49年生まれ)が全て75歳以上となり、後期高齢者医療制度に加入する。現在、医療・介護制...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2017年06月27日

EUソルベンシーIIの動向-EIOPA がORSA(リスクとソルベンシーの自己評価)に関する監督評価を公表-

EIOPA(欧州保険年金監督局)が、2017年6月19日に、ORSA(Own Risk and Solvency Assessment:リスクとソルベンシーの自己...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年06月13日

保険金詐欺の発生状況-日本と比べて、欧米では保険金詐欺はどうなっているか?

保険にはモラルハザードがつきものである。保険の契約者や受取人による保険金詐欺は、古くから問題とされてきた。今日、保険会社は、約款の中に、詐欺による無効の規...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2017年06月05日

IASBによる新たな保険契約会計基準(IFRS第17号)への反応と今後の課題-生命保険会社はどのような影響を受け、どう対応していくことになるのか-

IASB(International Accounting Standards Board:国際会計基準審議会)は、2017年5月18日に、保険契約のための新た...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年05月24日

EUソルベンシーIIの動向-EIOPAがUFR(終局フォワードレート)算出のための方法論に関するCPの最終報告書を公表-

生命保険会社の責任準備金の評価において重要な意味を持つ、超長期の金利水準の設定に関連して、EUのソルベンシーIIにおいて導入されているUFR(Ultima...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年05月23日

欧州における金融リスクの認識-銀行・証券・保険3つの金融監督当局の合同報告書より

欧州の銀行・証券・保険の各金融監督当局の合同委員会が、EUの金融システムにおけるリスクと脆弱性に関するレポート(2017年春)を、4月20日に公表した。保...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2017年05月22日

Brexitを踏まえた保険会社の拠点移転等を巡る動きについて-英国のパスポート権の喪失を見据えた保険会社及び監督当局の対応-

英国のEU(欧州連合)からの離脱(Brexit)については、約1年前に、保険・年金フォーカス「英国のEU離脱(Brexit)は英国の保険会社にどのような影...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年05月09日

米国では、人々はどのように生命保険に加入しているのか(5)-リムラ&ライフハプンズの保険バロメータースタディより-健康増進を支援する保険は人々の支持を得るか-

米国リムラ&ライフハプンズの“2016インシュアランス・バロメーター・スタディ”のデータを用いて「米国の人々がどのように生命保険に加入しているのか」を紹介...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

欧米保険事情のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧米保険事情のレポート Topへ