中国・アジア保険事情

アジア主要国の生保市場の規模(米ドル建て収入保険料)は、日本市場の約85%の規模に達し年々世界市場における存在感が増しています。また、アセアンの後発加盟国であるカンボジア・ラオス・ミャンマーの保険市場は未発達で法規制の整備も不十分ですが、将来の発展を予期して欧州、カナダ、アジアの保険企業が進出を始めており、保険市場の状況・変化にも注視が必要と思われます。この「中国・アジア保険事情」の一覧では、中国、アジアNIES、アセアン、インド等成長を続けるアジアの保険市場について最新の情報をまとめ解説します。とりわけ急拡大する中国市場については地域別の販売状況、商品内容、販売チャネル、銀行窓販等の最新の動向をタイムリーにレポートします。

年で絞り込む

2017年05月17日

【アジア・新興国】韓国における生命保険市場の現状- 2016年のデータを中心に -

2016年における生命保険の世帯加入率は81.8%で、2015年の87.2%に比べて6.4%ポイント減少した。また、生命保険加入世帯の平均加入件数も3.4...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年05月15日

中国向け越境EC、1兆円市場に拡大-インバウンド消費からの波及効果あり?-

中国の消費者がインターネットを通じて日本から商品を購入する「越境EC」の規模は、2016年で前年比30.3%増の1兆366億円と、インバウンド消費(買物代...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2017年04月28日

インドネシアの生命保険市場-期待の生保新興市場インドネシアの状況-

インドネシアの生保市場には、わが国からの6社を含め、各国から多くの有力保険会社が参入している。こうした状況は、インドネシア生保市場の将来性に対する期待が非...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2017年04月18日

中国、年金積立金の株式運用が本格始動【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(25)

中国において、年金積立金による株式運用など、リスク資産への投資が本格始動する。主な目的は、少子高齢化が進む中で、年金積立金を市場で運用し、その収益を活用す...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2017年03月21日

【アジア・新興国】タイの生命保険の販売チャネル~バンカシュアランスが急成長

タイの生命保険市場は近年、右肩上がりの成長を続けている。生命保険が普及する背景には、経済成長や人口増加のみならず、販売チャネルの変化も大きく影響しているが...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2017年02月21日

中国保険市場、米国に次いで2位に?-世界における中国のプレゼンス【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(24)

世界における保険マーケットの規模は、長らく、米国が1位、日本が2位、英国が3位であった。新興マーケットである中国が3位に浮上したのは2015年であるが、こ...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2017年01月31日

【アジア・新興国】注目を集めるアジアの保険会社による海外不動産投資~中国の保険会社を中心に世界の主要プレイヤーに~

アジア各国では、保険市場の成長を背景に保険会社による不動産投資の拡大が続いている。中国経済の失速懸念などから、アジア域内の不動産取引は縮小傾向にあるが、一...

続きを読む

増宮 守

増宮 守

金融研究部

2017年01月17日

【アジア・新興国】なぜ韓国では民間医療保険の加入率が高いのか?-韓国における実損填補型保険の現状や韓国政府の対策-

韓国では公的医療保険の保障率が低いことを理由に、多くの人々が民間医療保険に加入している。民間医療保険の中でも特に加入率が高いのは「実損填補型の医療保険(以...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年01月10日

【中国】拡大する債券市場について-日本の機関投資家にとっても重要性が増す可能性

中国の債券残高は10年前に比べて4.7倍に膨らんだ。内訳を見ると、金融債や企業債がシェアを高めるとともに、10年前には発行されていなかった地方債が存在感を...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2016年12月20日

老いる中国、介護保険制度はどうなっているのか。【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(23)

中国では、民間の介護事業者による生活介助など有料サービスの供給が先行し、地方自治体による介護保険制度の試験的な導入が開始されたのは、わずか5年ほど前からで...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2016年11月30日

【アジア・新興国】韓国政府が個人年金法の制定案を立法予告-個人年金は今後普及するだろうか?-

韓国における個人年金の加入率は2015年末現在17.6%で、加入者数が初めて900万人(904.8万人)を超えた。年齢階層別加入率は、40代(30.6%)...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2016年11月24日

国防費の3倍?-急増する中国の社会保障関係費

中国では、少子高齢化の進展、それに伴う社会保障制度の整備が進む中で、医療や年金などの社会保障関係費が増加している。2015年の社会保障関係費は3兆972億...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2016年11月15日

【アジア・新興国】タイの生命保険市場(2015年版)

タイ生命保険マーケットは一貫して拡大しており、直近10年間の年平均成長率CAGR(Compound Average Growth Rate)は12.4%増と高水...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2016年11月15日

CLM諸国の政治経済の概況と保険市場動向

近年、今後の有望な保険市場としての期待が高まっているカンボジア・ラオス・ミャンマー(CLM)の保険市場は、現時点では、発展の初期段階にあるが、政治体制の安...

続きを読む

平賀 富一

平賀 富一

保険研究部

2016年10月31日

インドの生命保険会社の状況-2015年度の決算数値を踏まえての成長性・効率性・収益性・健全性等の動向-

インドの生命保険市場全体の状況については、2015年12月から2016年1月にかけての基礎研レターにおいて、市場全体の一般的な状況、保険監督規制を巡る状況...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2016年10月18日

生命保険市場の基礎データ(2015年版)【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(22)

2015年の中国の生命保険の収入保険料は前年比25.0%増の1兆6228億元で、約30兆円規模であった。収入保険料の増加率が20%を超えたのは、直近では2...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2016年10月05日

中国大型連休、海外旅行は20~30歳代のスマホ世代が主流に

最大手の旅行口コミサイトTripAdviserによると、今年の国慶節期間中、人気の高い海外旅行先として、日本はタイに次いで2位となった。中国旅行研究院と旅...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2016年09月23日

2015ベトナム生保市場動向-今後の「伸びしろ」が大きい生保市場

ベトナムにおいては、今後、生保市場の発展が大いに期待できる。市場規模としてはいまだ非常に小さく(生保収入保険料はタイの1割弱程度の約1800億円)、生命保...

続きを読む

小林 雅史

小林 雅史

保険研究部

2016年08月30日

【アジア・新興国】不動産投資家として存在感を増すアジアの保険会社~台湾、韓国に続き、中国本土の保険会社も不動産投資を本格化~

近年、アジアの保険会社による不動産投資の拡大は著しく、以前から積極的な台湾や韓国の保険会社に続き、規制緩和を受けて参入した中国本土の保険会社の動きも活発化...

続きを読む

増宮 守

増宮 守

金融研究部

2016年08月16日

中国Fintech、平安保険の野望-中国保険市場の最新動向(21)

中国におけるFintech(金融事業とITの融合)といえば、通販大手のアリババや、SNSに強みを持つテンセントといったIT関連企業が注目されがちである。し...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

中国・アジア保険事情のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国・アジア保険事情のレポート Topへ