保険計理

「保険計理」の一覧では、保険計理に影響を及ぼす問題について具体的なデータから分析・解説を行います。高齢化が進む中で、保険・年金・共済制度の運営が難しくなっている中で、ニッセイ基礎研究所では複数の日本アクチュアリー会正会員や保険実務に通暁した人材を擁しており、レセプトデータを使用し疾病と受療状況(受療日数、診療内容等)、医療費等を分析し保険計理に与える影響を考察します。

年で絞り込む

2017年06月26日

増加する白内障手術と民間医療保険のリスク~社会環境の変化や診療報酬改定が与える影響

民間の医療保険では手術給付を行うことが多いが、保障期間が長いため、給付面で医療技術の進歩や診療報酬改定等の社会環境による影響を受ける。近年、医療技術や医療...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2017年06月20日

惑星間の距離-小惑星が地球に衝突する可能性があるらしいけど?

55999_ext_03_0_S.jpg

6月6日、チェコの天文学者チームが、おうし座流星群として知られる宇宙の塵の中に大きいもの(直径200~300メートル)があって、地球への衝突可能性が高まっ...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2017年06月19日

ギリシアの3大作図問題-数学を通じて、ギリシアという国の歴史的位置付けの重みを再認識してみませんか-

55978_ext_03_0_S.jpg

ギリシアというと、昨今は債務問題で周囲の国に迷惑をかけている厄介な国だというイメージを持っている人が多いかもしれない。あるいは、それでも、古代ギリシアの遺...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年06月12日

AIは囲碁や将棋の必勝法等にどのような影響を与えていくのか

55940_ext_03_0_S.jpg

5月23日~27日に、グーグル傘下のディープマインド(Google DeepMind)社によって開発されたコンピューター囲碁プログラムの「AlphaGo(ア...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年06月05日

交絡因子の考察-因果関係を検討する際に、注意すべきポイントは?

55877_ext_03_0_S.jpg

人々の健康状態や、人がかかる病気について、統計学を用いて解明する学問分野として、疫学がある。疫学では、昔から、人、原因、環境の3つの要素が揃ったときに病気...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2017年06月05日

IASBによる新たな保険契約会計基準(IFRS第17号)への反応と今後の課題-生命保険会社はどのような影響を受け、どう対応していくことになるのか-

IASB(International Accounting Standards Board:国際会計基準審議会)は、2017年5月18日に、保険契約のための新た...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年05月24日

EUソルベンシーIIの動向-EIOPAがUFR(終局フォワードレート)算出のための方法論に関するCPの最終報告書を公表-

生命保険会社の責任準備金の評価において重要な意味を持つ、超長期の金利水準の設定に関連して、EUのソルベンシーIIにおいて導入されているUFR(Ultima...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年05月22日

Brexitを踏まえた保険会社の拠点移転等を巡る動きについて-英国のパスポート権の喪失を見据えた保険会社及び監督当局の対応-

英国のEU(欧州連合)からの離脱(Brexit)については、約1年前に、保険・年金フォーカス「英国のEU離脱(Brexit)は英国の保険会社にどのような影...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年05月16日

「ほとんど」って、どれくらい-「ほとんど」何とか(2)-

55733_ext_03_0_S.jpg

前回の研究員の眼で、「ほとんど整数」と言う概念について紹介し、その明確な定義が無いことを述べた。実は、これと同様に、日常生活において、我々は「ほとんど」と...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年05月15日

「ほとんど整数」という概念-「ほとんど」何とか(1)-

55705_ext_03_0_S.jpg

皆さんは、「ほとんど整数」という言葉を聞いたことがあるだろうか。その名の通り、ほとんど整数に近いのだけれども、微妙に小数点以下が完全な0ではなくで、整数で...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年05月02日

シンプソンのパラドックス-合計で見ると、結果が変わる?

55641_ext_03_0_S.jpg

統計には、物事の優劣を、端的に表すことができるという長所がある。データを用いて、定量的に示された統計値は、見るものに有無を言わせない、圧倒的な切れ味を持つ...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2017年04月26日

欧州大手保険グループの2016年決算状況について(2)-低金利環境下での各社の生命保険事業の地域別の業績や収益状況はどうだったのか-

欧州大手保険グループの2016年決算数値が、2月から4月にかけて、投資家向けのプレゼンテーション資料やAnnual Reportの形で公表されている。前回の...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月25日

欧州大手保険グループの2016年決算状況について(1)-低金利環境下での各社の生命保険事業の地域別の業績や収益状況はどうだったのか-

欧州大手保険グループの2016年決算数値が、2月から4月にかけて、投資家向けのプレゼンテーション資料やAnnual Reportの形で公表されている。欧州大...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月18日

欧州大手保険グループの2016年末SCR比率の状況について(2)-ソルベンシーIIに基づく数値結果報告-

欧州大手保険グループの2016年決算発表に伴い、ソルベンシーII制度に基づく各種数値等も開示されている。前回のレポートでは、欧州大手保険グループのSCR比...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月17日

欧州大手保険グループの2016年末SCR比率の状況について(1)-ソルベンシーIIに基づく数値結果報告-

欧州大手保険グループの2016年決算の発表が2月から3月にかけて行われており、それに伴い、ソルベンシーII制度に基づく各種数値等も開示されている。今回は、...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月12日

EUソルベンシーIIの動向-EIOPAがUFR(終局フォワードレート)算出のための新たな方法論を公表(2)-

前回のレポートでは、EIOPAが2017年4月5日に公表した、新たな「UFRを算出するための方法論」の内容について説明した。今回のレポートでは、EIOPA...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月11日

EUソルベンシーIIの動向-EIOPAがUFR(終局フォワードレート)算出のための新たな方法論を公表(1)-

生命保険会社の責任準備金の評価において重要な意味を持つ、超長期の金利水準の設定に関連して、EUのソルベンシーⅡにおいて、UFR(Ultimate Forwar...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月04日

トランプ政権による保険会社規制への影響について-国内・国外(EU、IAIS)問題への対応-

トランプ政権が誕生して、2ヶ月余りが過ぎて、税制改革等、トランプ大統領が公約として掲げていた項目が、今後どのような形で進んでいくのかが大変注目されている。...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月03日

エレベーターの交通計算(待ち時間と輸送能力)-マンションのエレベーターは何台あれば適正なのか-

55401_ext_03_0_S.jpg

マンションを購入する際に、エレベーターの設置台数が気になったことはないだろうか。特に、一定階数以上の住戸の購入を検討する場合、朝の出勤時等にどの程度の時間...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月03日

有病率と発生率の違い-リスクの評価には、どちらの率を用いるべきか?

55403_ext_03_0_S.jpg

人々の健康状態や、人がかかる病気について、統計学を用いて解明する学問分野として、疫学がある。疫学では、ある病気のかかりやすさが問題とされることが多い。病気...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

保険計理のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

保険計理のレポート Topへ