保険会社経営

「保険会社経営」の一覧では、国内生保の決算から保険業績や収支動向やそれにかかわるトピックスをとりまとめるともに、保険先進国である米国・欧州生保の販売動向、商品戦略、販売チャネル等について定期的にレポートを重ね、生保の販売、商品、マーケティング、顧客サービス、ディスクロージャー、コーポレートガバナンス、リスク管理・ALM、販売チャネル等生保経営の諸課題について解説、提言を行います。

年で絞り込む

2017年06月22日

成長するインドネシア生保市場と外資系生保の幸せな関係-市場活性化・高度化に貢献し覇権を達成-特色ある特約付きユニットリンク保険の販売-

インドネシアの生保市場は通貨危機を境に大きく変貌した。危機後の成長を主導したのは、欧州・カナダの保険先進国から参入した各国代表とも言える大手外資系生保であ...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2017年06月13日

保険金詐欺の発生状況-日本と比べて、欧米では保険金詐欺はどうなっているか?

保険にはモラルハザードがつきものである。保険の契約者や受取人による保険金詐欺は、古くから問題とされてきた。今日、保険会社は、約款の中に、詐欺による無効の規...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2017年06月05日

IASBによる新たな保険契約会計基準(IFRS第17号)への反応と今後の課題-生命保険会社はどのような影響を受け、どう対応していくことになるのか-

IASB(International Accounting Standards Board:国際会計基準審議会)は、2017年5月18日に、保険契約のための新た...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年05月24日

EUソルベンシーIIの動向-EIOPAがUFR(終局フォワードレート)算出のための方法論に関するCPの最終報告書を公表-

生命保険会社の責任準備金の評価において重要な意味を持つ、超長期の金利水準の設定に関連して、EUのソルベンシーIIにおいて導入されているUFR(Ultima...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年05月23日

欧州における金融リスクの認識-銀行・証券・保険3つの金融監督当局の合同報告書より

欧州の銀行・証券・保険の各金融監督当局の合同委員会が、EUの金融システムにおけるリスクと脆弱性に関するレポート(2017年春)を、4月20日に公表した。保...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2017年05月22日

Brexitを踏まえた保険会社の拠点移転等を巡る動きについて-英国のパスポート権の喪失を見据えた保険会社及び監督当局の対応-

英国のEU(欧州連合)からの離脱(Brexit)については、約1年前に、保険・年金フォーカス「英国のEU離脱(Brexit)は英国の保険会社にどのような影...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年05月17日

【アジア・新興国】韓国における生命保険市場の現状- 2016年のデータを中心に -

2016年における生命保険の世帯加入率は81.8%で、2015年の87.2%に比べて5.4%ポイント減少した。また、生命保険加入世帯の平均加入件数も3.4...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2017年05月16日

災害救助法は何をしてくれるのか-災害・防災、ときどき保険(2)

自然災害が起こったときに、国や地方自治体がどんな対応を行うのか。それは多くの法律に定められている。今回はまず「災害救助法」についてみてみる。この法律は19...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2017年05月09日

米国では、人々はどのように生命保険に加入しているのか(5)-リムラ&ライフハプンズの保険バロメータースタディより-健康増進を支援する保険は人々の支持を得るか-

米国リムラ&ライフハプンズの“2016インシュアランス・バロメーター・スタディ”のデータを用いて「米国の人々がどのように生命保険に加入しているのか」を紹介...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2017年04月28日

インドネシアの生命保険市場-期待の生保新興市場インドネシアの状況-

インドネシアの生保市場には、わが国からの6社を含め、各国から多くの有力保険会社が参入している。こうした状況は、インドネシア生保市場の将来性に対する期待が非...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2017年04月26日

欧州大手保険グループの2016年決算状況について(2)-低金利環境下での各社の生命保険事業の地域別の業績や収益状況はどうだったのか-

欧州大手保険グループの2016年決算数値が、2月から4月にかけて、投資家向けのプレゼンテーション資料やAnnual Reportの形で公表されている。前回の...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月25日

欧州大手保険グループの2016年決算状況について(1)-低金利環境下での各社の生命保険事業の地域別の業績や収益状況はどうだったのか-

欧州大手保険グループの2016年決算数値が、2月から4月にかけて、投資家向けのプレゼンテーション資料やAnnual Reportの形で公表されている。欧州大...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月25日

予定利率の開示について-顧客にとってわかりやすい開示とは

保険料は、3つの予定率(契約時に予定された基礎率)をもとに計算されている。過去の統計をもとに、性別・年齢別の死亡者数(生存者数)を予測した数値である予定死...

続きを読む

小林 雅史

小林 雅史

保険研究部

2017年04月18日

欧州大手保険グループの2016年末SCR比率の状況について(2)-ソルベンシーIIに基づく数値結果報告-

欧州大手保険グループの2016年決算発表に伴い、ソルベンシーII制度に基づく各種数値等も開示されている。前回のレポートでは、欧州大手保険グループのSCR比...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月18日

最近の自然災害の状況-災害・防災、ときどき保険(1)

起こりうる自然災害には、地震、津波、噴火、豪雨、豪雪といったものがある。自然災害のうち規模の大きなものは、特に命名されたり、災害救助法が適用されたり、自衛...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2017年04月17日

欧州大手保険グループの2016年末SCR比率の状況について(1)-ソルベンシーIIに基づく数値結果報告-

欧州大手保険グループの2016年決算の発表が2月から3月にかけて行われており、それに伴い、ソルベンシーII制度に基づく各種数値等も開示されている。今回は、...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月12日

EUソルベンシーIIの動向-EIOPAがUFR(終局フォワードレート)算出のための新たな方法論を公表(2)-

前回のレポートでは、EIOPAが2017年4月5日に公表した、新たな「UFRを算出するための方法論」の内容について説明した。今回のレポートでは、EIOPA...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月11日

EUソルベンシーIIの動向-EIOPAがUFR(終局フォワードレート)算出のための新たな方法論を公表(1)-

生命保険会社の責任準備金の評価において重要な意味を持つ、超長期の金利水準の設定に関連して、EUのソルベンシーⅡにおいて、UFR(Ultimate Forwar...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月04日

トランプ政権による保険会社規制への影響について-国内・国外(EU、IAIS)問題への対応-

トランプ政権が誕生して、2ヶ月余りが過ぎて、税制改革等、トランプ大統領が公約として掲げていた項目が、今後どのような形で進んでいくのかが大変注目されている。...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年03月28日

地震保険の改定-保険料値上げが続く?

地震保険は、1966年の創設以来、常に内容が見直されてきている。2017年1月には、損害区分の細分化と保険料率の改定が行なわれた。最新の危険度を反映した保...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

保険会社経営のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

保険会社経営のレポート Topへ