アジアの社会保障制度

アジアの伝統社会では、地域によってその内容は様々であるが、親族あるいは地域を中心とした相互扶助の慣習が存在しており、近代化の中でもその伝統・慣習は残されている部分があります。「アジアの社会保障制度」の一覧では、東アジア、その中でも高齢化が進む中国、韓国の年金、医療保険、介護保険等の社会保障制度を解説します。あわせて公的な社会保障を補完する民間保険市場の動向についてタイムリーに報告します。

年で絞り込む

2017年02月21日

中国保険市場、米国に次いで2位に?-世界における中国のプレゼンス【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(24)

世界における保険マーケットの規模は、長らく、米国が1位、日本が2位、英国が3位であった。新興マーケットである中国が3位に浮上したのは2015年であるが、こ...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2017年01月17日

【アジア・新興国】なぜ韓国では民間医療保険の加入率が高いのか?-韓国における実損填補型保険の現状や韓国政府の対策-

韓国では公的医療保険の保障率が低いことを理由に、多くの人々が民間医療保険に加入している。民間医療保険の中でも特に加入率が高いのは「実損填補型の医療保険(以...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2016年12月20日

老いる中国、介護保険制度はどうなっているのか。【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(23)

中国では、民間の介護事業者による生活介助など有料サービスの供給が先行し、地方自治体による介護保険制度の試験的な導入が開始されたのは、わずか5年ほど前からで...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2016年11月24日

国防費の3倍?-急増する中国の社会保障関係費

中国では、少子高齢化の進展、それに伴う社会保障制度の整備が進む中で、医療や年金などの社会保障関係費が増加している。2015年の社会保障関係費は3兆972億...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2016年10月18日

生命保険市場の基礎データ(2015年版)【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(22)

2015年の中国の生命保険の収入保険料は前年比25.0%増の1兆6228億元で、約30兆円規模であった。収入保険料の増加率が20%を超えたのは、直近では2...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2016年08月16日

中国Fintech、平安保険の野望-中国保険市場の最新動向(21)

中国におけるFintech(金融事業とITの融合)といえば、通販大手のアリババや、SNSに強みを持つテンセントといったIT関連企業が注目されがちである。し...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2016年06月22日

介護サービスか家族介護か。“現金給付”導入で増える、介護の選択肢

53200_ext_03_0_S.jpg

今回は家族介護に対する現金給付の導入について論じたい 。日本では2000年4月に介護保険制度を導入する前に現金給付の導入に対する議論があった。しかしながら、...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2016年06月15日

韓国における老人長期療養保険制度の現状や今後の課題―日本へのインプリケーションは?―

韓国社会は、以前から年を取った親の面倒は子ども(主に長男)が見るという儒教的な意識が強く、多くの高齢者が老後の生活を自分の子供に依存していた。特に、体が不...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2016年04月13日

日韓比較(14):最低賃金―同一労働同一賃金の実現に向けて、段階的な最低賃金の引上げを―

日本の2015 年度における最低賃金の全国平均は798円で、前年度の780円より18円ほど高くなった。日本円に換算した2016年度の韓国の最低賃金は615円...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2016年03月18日

全人代閉幕-国民の関心が最も高いのは「社会保障」

経済成長の減速化が鮮明になる中で、李首相は、2020年までの5年間の経済成長率の目標を年平均6.5%以上に引き下げ、産業構造の改革を積極的に進める姿勢を打...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2016年03月15日

韓国における給付付き税額控除制度の現状と日本へのインプリケーション―軽減税率より給付付き税額控除?―

韓国では税制による所得支援で勤労貧困層の勤労インセンティブを高めるとともに、所得を捕捉するインフラを構築し社会保険料負担の衡平性及び制度運営の効率性を高め...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2016年02月16日

【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(18)医療保険-所得控除の対象に

中国において、医療保険の保険料控除が初めて導入される。中国の財政部など関係機関は、北京市などの直轄市を含む31地域で、指定された医療保険商品に加入した場合...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2016年01月14日

日韓比較(13):医療保険制度-その6 医療費はなぜ増加しているのか? ―高齢化の進展や医療の進歩、所得水準の向上などが主な原因、医師の養成及び確保のための対策の徹底を―

世界各国の医療費が増加していると同様に日本と韓国における医療費も毎年増加の傾向にある。例えば、日本の一人当たり医療費は1990年の1,117ドル(151,...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2015年12月29日

日韓比較(12):医療保険制度-その5 混合診療―なぜ韓国は混合診療を導入したのか、日本へのインプリケーションは?―

1927年、制度の施行以降、 数多くの改正が行われてきた日本の医療保険制度において、最近最も注目されている議論の一つが混合診療制度の導入有無である。混合診療...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2015年12月15日

【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(17)第13次5ヵ年計画の建議-一人っ子政策の廃止と社会保険

2015年10月、共産党第18期中央委員会第5回会議(五中全会)で、今後5年間の青写真となる「第13次5ヵ年計画の建議」 (2016~2020年、以下、「建...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2015年12月04日

日韓比較(11):医療保険制度-その4 医薬分業―患者がより利用しやすい仕組みになることを願う―

医薬分業とは医院や病院などの医療機関が自院で薬を出さないで患者に処方箋を出し、患者はその処方箋を保険薬局へ持って行って、処方箋と引き替えに医師の処方した保...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2015年11月30日

高額な医療費明細書の増加と保険者における対応

1件あたりの医療費が高額なレセプト(診療報酬明細書)が増加している。健康保険組合連合会の発表によれば、組合健保 において1000万円を超えたレセプト件数は、...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2015年10月16日

増加する中国の社会保障関係費と高まる財政圧力

■要旨中国では、経済成長の減速化、少子高齢化の進展など、経済や社会の転換期をむかえる中で、社会保障に関する経費の支出が増加している。2014年の社会保障関...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2015年10月06日

日韓比較(8):医療保険制度-その3 自己負担割合―国の財政健全性を優先すべきなのか、家計の経済的負担を最小化すべきなのか―

今回は、診療時の自己負担割合について説明したい。日本における自己負担割合は年齢によって異なり、6歳(義務教育就学前)までの被保険者は2割が、6歳(義務教育...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2015年10月05日

日韓比較(7):医療保険制度-その2 保険料率―固定資産に対して異なる政策を実施している日韓の医療保険制度―

今回は日韓における公的医療保険の保険料率について比較してみたい。まず、日本における雇用者の保険料率は、標準報酬月額に対して協会けんぽが10%(労使折半、2...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

アジアの社会保障制度のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アジアの社会保障制度のレポート Topへ