2018年07月11日

WeWorkのビジネスモデルと不動産業への影響の考察

金融研究部 准主任研究員   佐久間 誠

不動産市場 人手不足・働き方改革 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■目次

1――はじめに:プラットフォーマーの脅威
2――プラットフォーマーの特徴と影響
  1|プラットフォームとは:プラットフォーマーへと進化を遂げたAmazon
  2|プラットフォームの経済性:経済性に裏打ちされたAmazonのビジネスモデル
  3|プラットフォームとビッグデータ:Amazonに蓄積される膨大なデータ
  4|プラットフォーマー台頭の背景:
    産業構造のレイヤー化が育んだプラットフォーマー
  5|バリューチェーンの中抜き:拡大し続けるプラットフォーマーによる市場独占
  6|プラットフォームにおける戦略的論点:
    プライシング戦略とオープン・クローズド戦略
3――WeWorkのビジネスモデルと不動産業への影響
  1|WeWorkの概要
  2|WeWorkの新規性:
    プラットフォーマーWeWorkがもたらしたコワーキングスペースの進化
  3|WeWorkのプラットフォーム戦略の考察
  4|WeWorkが不動産業にもたらす変革
4――おわりに

※ 本稿は2018年1月9日・15日発行「不動産投資レポート」を加筆・修正したものである。
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
27926_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

佐久間 誠 (さくま まこと)

研究・専門分野
不動産市場、金融マーケット

レポート

アクセスランキング

【WeWorkのビジネスモデルと不動産業への影響の考察】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

WeWorkのビジネスモデルと不動産業への影響の考察のレポート Topへ