2018年07月09日

投信購入者の半数が損失!!~銀行での投信販売について~

金融研究部 准主任研究員   前山 裕亮

証券市場 iDeCo・NISA などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
  • 銀行で投信を購入した顧客の半数弱が損失を抱えていることが明らかになりました。
     
  • 損失を抱えている顧客の多くが、投資期間が3年以下であると推察されます。
     
  • 過去3年だと、人気のあった米国REIT投信が米金利上昇を受けて低迷していたことが、影響したと考えられます。
     
  • 投資家は短期的パフォーマンスに一喜一憂せずに、長期で考えることが重要です。

■目次

1――投信購入者の約半数が損失を出している?
2――米国REITの低迷が影響したのでは
3――短期の損失に一喜一憂しない
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
27924_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

前山 裕亮 (まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

レポート

アクセスランキング

【投信購入者の半数が損失!!~銀行での投信販売について~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

投信購入者の半数が損失!!~銀行での投信販売について~のレポート Topへ