2018年07月05日

米国大統領の仕掛けた貿易戦争-争いの構造を理解する

総合政策研究部 研究員・経済研究部兼任   鈴木 智也

日本経済 米国経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

米国発の貿易戦争が熱を帯び始めている。トランプ大統領が就任して以来、燻り続けていた貿易戦争の火種がついに燃え上がり始めた印象だ。各国では、株価が下落して景況感が悪化し、保護主義に対する警戒感が指標に現れ始めている。
 
今回の貿易戦争は、米国の行動を2つに分けると理解しやすい。2つとはすなわち「中国の覇権を阻む戦い」と「貿易赤字を削減するための戦い」である。米国は、輸入制限措置で中国の長期戦略である「中国製造2025」の品目を狙い撃ちする一方で、鉄鋼・アルミニウム製品や自動車など、同盟国を含む国際社会を相手とした措置も同時に打ち出している。
 
本レポートでは、中国と国際社会を相手取る米国の2つの貿易戦争の構図を明らかにし、勝者はいないと言われる貿易戦争の影響が濃淡を持って現れることを示している。

■目次

1――見えてきた貿易戦争の構図
2――国際社会が生んだ火種
3――貿易戦争の実態
  1|中国の覇権を阻む戦い
  2|米国の貿易赤字を削減するための戦い
4――影響を受けるのは
  1|中国への影響は最も大きい
  2|日本への影響は見た目以上
5――日本が取るべき行動
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

58489_ext_01_0.jpeg

総合政策研究部   研究員・経済研究部兼任

鈴木 智也 (すずき ともや)

研究・専門分野
日本経済・金融

レポート

アクセスランキング

【米国大統領の仕掛けた貿易戦争-争いの構造を理解する】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国大統領の仕掛けた貿易戦争-争いの構造を理解するのレポート Topへ