2018年07月05日

大企業のコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)~大企業によるオープンイノベーション~

総合政策研究部 主任研究員・経済研究部兼任   中村 洋介

企業経営・産業政策 日本経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 「オープンイノベーション」の必要性が叫ばれる中、大企業による「コーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)」がグローバルで積極的に活動している。
     
  • 米国や中国に大きく差をつけられてはいるものの、昨今日本の大企業によるCVC設立が相次ぎ、注目されている。
     
  • CVCには、目利き力、経営支援力、社内・外のネットワーク、目的と目指す成果の明確化・共有化、継続性が求められる。
     
  • 設立間もないCVCも、まさにこれから、投資先の成否・優劣が少しずつ見え始めるタイミングを迎える。
     
  • 失敗に直面した際にそこで足を止めてしまうのではなく、次に繋げて継続していけるのかが重要だ。長く続けた者がその果実を得るのがベンチャー投資の世界である。多くのCVCが中長期的な視点で投資を継続して、ベンチャー創出・育成の一翼を担う大きな存在となることを期待したい。

■目次

1――はじめに
2――増加するコーポレート・ベンチャー・キャピタル
3――コーポレート・ベンチャー・キャピタルに求められるもの 
  1|目利き力、経営支援力
  2|社内・外のネットワーク
  3|目的と目指す成果の明確化と、その共有化
  4|継続性
4――これから真価が問われるCVC
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

58360_ext_01_0.jpeg

総合政策研究部   主任研究員・経済研究部兼任

中村 洋介 (なかむら ようすけ)

研究・専門分野
日本経済、ベンチャー

レポート

アクセスランキング

【大企業のコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)~大企業によるオープンイノベーション~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

大企業のコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)~大企業によるオープンイノベーション~のレポート Topへ