2018年06月19日

保険と銀行の監督当局を統合―システミック・リスクをどう回避するか。【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(31)

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

アジア・新興国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 4月に「中国銀行保険監督管理委員会」(CBIRC、銀保監会)が正式に発足した。この銀保監会は、銀行事業と保険事業の監督当局を統合し、新たに発足したものである。
     
  • 今後、監督体制は、「一会・一行・二会」と、1つの国務院の委員会(金融安定発 展委員会)、1つの中央銀行(中国人民銀行)、2つの監督管理委員会(銀保監会、 証監会)で構成されることになる。
     
  • 金融安定発展委員会は、政策などについて金融当局間や関連当局との連携調整を担う。中国人民銀行は、金融システム全体の安定をはかるべく、金融リスクを分析し、それを政策に反映させる役割がより求められることになる。
     
  • そして、銀保監会、証監会は、市場の管理監督に専念することになる。中国人民銀行によって、金融システム全体のリスクの監督・管理が強化されることから、監督当局は市場の健全な成長や、金融機関の健全性の確保に注力することができる。
     
  • 新たな体制下では、これまでの金融事業別の縦割り体制から、それぞれの関係機関が役割を分担する体制により重きを置くことになる。

■目次

1-保険と銀行の監督当局を統合、縦割りから役割分担による管理・監督体制へ
2-金融安定発展委員会、中国人民銀行、監督当局の役割
3-銀保監会のトップには、これまで証監会、銀監会のトップを努めた郭樹清氏が就任
4-保険事業と関連する、公的医療保険の行政機関も再編へ
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

レポート

アクセスランキング

【保険と銀行の監督当局を統合―システミック・リスクをどう回避するか。【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(31)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

保険と銀行の監督当局を統合―システミック・リスクをどう回避するか。【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(31)のレポート Topへ