2018年06月14日

どうなる、再生可能エネルギー!-エネルギー基本計画から読み解く

総合政策研究部 研究員・経済研究部兼任   鈴木 智也

日本経済 環境経営・CSR などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

パリ協定から世界的に大きな潮流となった脱炭素化。米国が離脱を表明しても脱炭素化の流れは変わらなかった。むしろ、以前より勢いを増したとも感じられる。日本ではまもなくエネルギー政策の基本的な方針を示した第5次エネルギー基本計画が閣議決定される。政府は再生可能エネルギーを将来の「主力電源」として打ち出す方針だ。
 
日本の再エネ開発は、これから第2フェーズに入る。太陽光に偏った電源構成や国民負担の増大というこれまでに生じた歪みを是正し、主力電源化に向けた体制構築を進めていくことになる。しかし、一筋縄にはいかないだろう。既存のシステムを抜本的に変えなければならない。技術面での極めて大きなブレークスルーも必要となる。再エネの普及拡大は、これから新たな正念場を迎える。
 
エネルギー政策は国民の生活に深く関わる。再生可能エネルギーをどのように主力電源化していくのか、その道筋を示すことが求められている。

■目次

1――はじめに
2――エネルギー基本計画の改訂が迫る
  1|日本のGHG排出削減目標は、2030年▲26.0%、2050年▲80%
  2|エネルギーミックスは据え置き、再エネ目標は2030年22~24%程度
2――再エネの普及は第2フェーズへ
  1|太陽光が再エネ拡大を牽引
  2|次のターゲットは風力・地熱
3――今後の普及拡大を左右する4つの課題
4――おわりに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
58489_ext_01_0.jpeg

総合政策研究部   研究員・経済研究部兼任

鈴木 智也 (すずき ともや)

研究・専門分野
日本経済・金融

レポート

アクセスランキング

【どうなる、再生可能エネルギー!-エネルギー基本計画から読み解く】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

どうなる、再生可能エネルギー!-エネルギー基本計画から読み解くのレポート Topへ