2018年06月12日

自動運転に対する保険-自動車保険の補償はどのように変わるのか?

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   篠原 拓也

AI・Fintech・IoT 保険商品 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

近年、ビッグデータや人工知能を活用した情報革命の動きが、多くの産業で進められている。

その中の1つに、自動車の自動運転が挙げられる。自動運転については、交通事故の低減、交通渋滞の緩和・解消、ドライバーの人材不足の補完、高齢化が進む地方での高齢者の移動手段の確保など、さまざまな効用が期待されている。

現在、自動運転の開発にあわせて、自動運転に対する保険についての検討も進められ、保険事故の概念、保険業そのものへの影響などが幅広く論じられている。本稿では、欧米での議論を含めて、自動運転に対する保険について簡単に紹介することとしたい。

■目次

1――はじめに
2――自動運転の技術開発動向
  1|自動運転は、5段階にレベル分けされている
  2|自動運転の技術開発は、自動車メーカーのみならず幅広い業界から参入が
    見通されている
3――自動運転に伴う保険の変化
  1|自動運転の開発に伴って、保険も変化することが必要
  2|完全自動運転への移行は徐々にしか進まない
  3|保険は損害賠償責任から製造物責任へと変化する
4――自動運転に伴う賠償責任の変化
  1|日本では関係各所で検討が進められている
  2|レベル4以上と、そのレベルに移行する段階での責任関係が議論されている
5――海外における賠償責任の検討
6――国内の損保会社の動向
7――おわりに (私見)
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
30_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

レポート

アクセスランキング

【自動運転に対する保険-自動車保険の補償はどのように変わるのか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

自動運転に対する保険-自動車保険の補償はどのように変わるのか?のレポート Topへ