2018年05月29日

プラチナと金の価格逆転が長期化~“当たり前”に潜む危険性

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

金融市場・外国為替 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

プラチナ価格が金(Gold)価格を下回る状況が長期化している。2015年初に両者の価格が逆転(プラチナ<金)してから、3年以上にわたって逆転現象が続いている。過去には2011年秋から2013年初にかけてもプラチナ価格が金価格を下回っていたが、一年余りで逆転現象は解消していた。また、当時は両者の価格差が最大200ドル/オンス程度であったのに対し、足元では400ドル/オンス程度(金が約1300ドル/オンス、プラチナが約900ドル/オンス)にまで拡大しており、強弱感がより鮮明になっている。
 
そして、このプラチナ価格と金価格の逆転長期化は、投資における貴重な教訓を示唆している。

■目次

1――プラチナと金の価格逆転が長期化
  1|際立つプラチナの弱さ
  2|プラチナ価格下落の背景
2――“当たり前”に潜む危険性
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【プラチナと金の価格逆転が長期化~“当たり前”に潜む危険性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

プラチナと金の価格逆転が長期化~“当たり前”に潜む危険性のレポート Topへ