2018年05月01日

インサイダー取引規制強化の効果の再考-公表前の売買高に影響したか?

金融研究部 研究員・年金総合リサーチセンター兼任   水野 友理那

金融市場・外国為替 証券市場 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

2014年の金融商品取引法改正にあたり、インサイダー取引規制の強化が図られた。本稿では、公募増資に関わるインサイダー取引が行われる場合、公募増資公表日前に過剰な取引が行われる傾向を利用し、改正後は過剰な取引が緩和されていたことがわかった。これより、改正によるインサイダー取引抑制の効果はあったと言える。

■目次

1――インサイダー取引は売買高にも表れる
2――法改正の効果は売買高にも表れていた
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

55482_ext_01_0.jpeg

金融研究部   研究員・年金総合リサーチセンター兼任

水野 友理那 (みずの ゆりな)

研究・専門分野
証券・企業分析、資産運用

レポート

アクセスランキング

【インサイダー取引規制強化の効果の再考-公表前の売買高に影響したか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

インサイダー取引規制強化の効果の再考-公表前の売買高に影響したか?のレポート Topへ