2018年04月18日

消防団など-災害・防災、ときどき保険(7)

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

保険会社経営 保険商品 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

わが国の消防体制を見る。消防には常備消防としての消防署などと、非常備消防としての消防団がある。消防庁など国の行政組織もあるが、実地の消防は市町村が責任をもって行う。とはいえ現在は複数の市町村がまとまるなどして効率的な活動をめざしている。消防団は、火災だけでなく災害時にも活躍する重要な組織だが、戦後サラリーマンがその中心になると、団員数は減少傾向である。しかし「消防団協力事業所制度」など、職場の協力により地域消防体制の充実を図る制度もある。

■目次

1――はじめに ~消防団とは?
2――わが国における消防等の態勢
  1|常備消防~消防本部と消防署
  2|非常備消防~消防団
  3|消防団の活動内容と現状
3――おわりに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

レポート

アクセスランキング

【消防団など-災害・防災、ときどき保険(7)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

消防団など-災害・防災、ときどき保険(7)のレポート Topへ