2018年03月30日

取締役会を刷新する-米国の動向を参考として

金融研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   江木 聡

コーポレートガバナンス 米国経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

企業統治改革がなかなか進まない。経営者の心を強く後押しするのは、海外ライバル企業の動向という刺激だろう。本稿では、企業統治改革の検討において言及されることの少なかった米国の考え方や具体事例を参考に、日本企業への示唆を探る。
 
企業統治の要は言うまでもなく取締役会である。その実効性向上の起点は、取締役会をどのように構成するのかという「チーム作り」にある。米国をはじめとした海外企業では、取締役会構成の検討に際し、必要な素養や経験を識別した「スキルマトリックス」が活用されている。日本企業もそろそろ取締役会の全体と将来を見渡し、競争優位の観点から取締役会の組織デザインに着手する時期ではないだろうか。

■目次

1――納得しなければ人は動かない
2――米国の課題意識
3――取締役会評価の活用
4――「スキルマトリックス」の活用
5――日本の取締役会への示唆
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
27932_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

江木 聡 (えぎ さとし)

研究・専門分野
企業統治、健康経営、地方創生

レポート

アクセスランキング

【取締役会を刷新する-米国の動向を参考として】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

取締役会を刷新する-米国の動向を参考としてのレポート Topへ