2018年02月05日

ECB利上げのタイミング-決め手は賃金かユーロ相場か金融安定のリスクか

経済研究部 主席研究員   伊藤 さゆり

欧州経済 ECB政策理事会│欧州 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 欧州中央銀行(ECB)の利上げ前倒し観測が強まっている。
     
  • 18年内の利上げ観測も浮上しているが、フォワード・ガイダンスの大幅な修正にリスクが伴い、物価の基調を決める賃金の伸びが様々な要因から抑制されていることから、年内利上げはないと思われる。
     
  • ECBは、利上げのタイミングを賃金・物価、ユーロ相場の動き、金融システムの安定性などを考慮に決めると見られるが、最も重視するのは賃金・物価の動きだろう。
     
  • 労働市場の緩みやインフレ期待、生産性の伸びを抑制してきた投資の停滞など賃金の伸びを抑制してきた要因は今後緩和に向かう。ECBは、今後、資産買入れの18年内の終息と19年の利上げ開始に向けて布石を打つだろう。

■目次

1――高まる利上げ前倒し観測
2――18年内利上げは困難な理由
  1|フォワード・ガイダンスの大幅修正のリスク
  2|弱い賃金、インフレ圧力
3――緩和縮小のスピードを決める要因
  1|賃金と物価
  2|ユーロ相場
  3|金融システムの安定性
4――おわりに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   主席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

レポート

アクセスランキング

【ECB利上げのタイミング-決め手は賃金かユーロ相場か金融安定のリスクか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ECB利上げのタイミング-決め手は賃金かユーロ相場か金融安定のリスクかのレポート Topへ