2018年02月05日

アルファを生み出すために

運用手法開発 運用リスク管理 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

運用機関評価の時期が近づいてきた。2017 年は世界的に成長株や小型株が高い収益率をあげるなど、アクティブ・マネージャー間の成績格差はなくなっていない。そうした中、運用機関評価・採否のポイントを改めておさらいしておきたい。

第1が適切なベンチマークの付与である。大型株・割安株を投資対象とする運用機関には、それに対応したインデクス(指数)を評価ベンチマークとすれば、運用スタイルの変化を抑え、大型株や割安株の収益率の方が高い環境でも、運用収益を確保できる。

第2が定性評価の重視である。平均以上の成績の確率が50%なら、8ファンドの内1つは、平均以上の成績を3年連続、偶然あげられるはずだ。そこで定性6割、定量4割が評価ウェイトの目安とされてきた。しかし最近は、過去3年の成績が悪かったファンドを選べば、次の3年に高い収益をあげられる、など将来の成績を予測する際、定量評価が役立たないことが改めて注目されている。定量評価の数値は定性評価の参考資料にとどめるべきだろう。

市場全体のインデクスを下回った運用機関を年金基金が責め、運用機関が言い訳をする、その繰り返しだけでは将来のアルファを生み出せる、双方に有益な評価の場はなかなか生まれない。
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

(2018年02月05日「ニッセイ年金ストラテジー」)

レポート

アクセスランキング

【アルファを生み出すために】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アルファを生み出すためにのレポート Topへ