2017年12月18日

政策保有株式削減の進捗状況-進む損害保険、出遅れる銀行

金融研究部 主任研究員   高岡 和佳子

メールマガジン登録
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

3メガバンクは、2015年3月末時点から3~5年で少なくとも3割程度の政策保有株式を削減することを目標としている。政策保有株式の削減にあたり、取引関係の重要性や、取引先企業の成長性等を鑑み、売却対象となる銘柄が選定される。3メガバンクはいずれも、売却対象銘柄と判断された場合も、市場への影響や、発行体の財務戦略など様々な事情を考慮の上、売却する方針を掲げている。

当レポートでは、政策保有銘柄の数が多かった企業(主に、金融機関)を中心に、政策保有株式削減の進捗状況を確認する。その結果、3メガバンクを含む銀行業界の政策保有株式削減が、他業界に比べて出遅れていることを確認した。

■目次

1――政策保有に関する方針は各社各様である
2――大株主情報を用いて確認する理由と調査対象データの分類
3――調査結果
  1|分析対象データから分かること~一握りの企業がハブ機能を担う
  2|調査結果からわかること~3メガバンクの政策保有株式の削減は多少遅れ気味
  3|個社別調査結果からわかること~進む損害保険、出遅れる銀行
4――最後に
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

71_ext_01_0.jpeg

金融研究部   主任研究員

高岡 和佳子 (たかおか わかこ)

研究・専門分野
リスク管理・ALM、価格評価、企業分析

レポート

アクセスランキング

【政策保有株式削減の進捗状況-進む損害保険、出遅れる銀行】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

政策保有株式削減の進捗状況-進む損害保険、出遅れる銀行のレポート Topへ