2017年12月06日

地域医療構想を3つのキーワードで読み解く(3)-「医療軍拡」と冷戦期の軍縮から得られる示唆

生活研究部 准主任研究員   三原 岳

社会保障全般・財源 社会保障・税改革 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

今年3月までに各都道府県が策定した「地域医療構想」を読み解くレポート(全4回)のうち、第1回は都道府県が切れ目のない提供体制構築を重視している点、第2回は欧州諸国で論じられている「脱中央集権化」(decentralization)に着目して各都道府県が取るべき考え方や対応策を論じた。

第3回は「医療軍備拡張競争」(Medical Arms Race)という言葉に着目する。これは米ソ冷戦期の核軍拡競争のように、医療機関が高度な設備や機器、多くの人員を持ちたがる行動を指す。各医療機関の合意形成を通じて病床再編や医療機関の役割分担を図ろうとする地域医療構想は医療軍拡を抑制する狙いがある。

そこで本リポートでは、地域医療構想を「医療軍拡を抑える制度」と捉えつつ、前半は冷戦期の核軍拡競争と軍縮の歴史を考察することで、医療軍拡の共通点を探ることで、地域医療構想で取るべき都道府県の対応として、(1!共通の利益で一致すること、(2!関係者間で信頼関係を醸成すること―が重要と指摘する。その上で後半では、こうした取り組みを進める一例として、民間医療機関との合意形成を丁寧に進めようとしている佐賀県の事例を取り上げることで、民間中心の医療提供体制で都道府県の対応策が限られている中、他の地域にも通用する普遍性を持っている可能性を論じる。

■目次

1――はじめに
2――医療軍備拡張競争(医療軍拡)とは何か
  1|医療サービスの特性
  2|MRI、急性期の取得傾向
  3|軍縮としての地域医療構想
3――核軍拡と医療軍拡の共通点
  1|米ソ核軍拡と軍縮の歴史
  2|核軍拡と軍縮の歴史から得られる示唆
  3|「囚人のジレンマ」ゲーム
  4|地域医療構想への応用
4――佐賀県の取り組み
5――おわりに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
56889_ext_01_0.jpeg

生活研究部   准主任研究員

三原 岳 (みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

レポート

アクセスランキング

【地域医療構想を3つのキーワードで読み解く(3)-「医療軍拡」と冷戦期の軍縮から得られる示唆】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

地域医療構想を3つのキーワードで読み解く(3)-「医療軍拡」と冷戦期の軍縮から得られる示唆のレポート Topへ