2017年11月29日

出産育児一時金・埋葬料-健康保険による特殊な現金給付

保険研究部 上席研究員   小林 雅史

メールマガジン登録
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

健康保険においては一般に療養の給付として、治療や手術など医療行為の提供という形で現物給付が行われている。

例外的な現金による給付として、出産育児一時金と埋葬料などがある。

出産育児一時金と埋葬料はまた、人の誕生と死亡という、人生の出発点と帰着点における給付である点に特徴がある。

1927年に実施された出産育児一時金と埋葬料の沿革と現状について紹介することとしたい。

■目次

1――はじめに
2――沿革
  1|出産育児一時金
  2|埋葬料
3――現状
  1|出産育児一時金
  2|埋葬料
4――おわりに(私見)
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

81_ext_01_0.jpg

保険研究部   上席研究員

小林 雅史 (こばやし まさし)

研究・専門分野
保険法・保険業法、英国の約款規制・募集規制等、代理店制度・保険仲立人制度

レポート

アクセスランキング

【出産育児一時金・埋葬料-健康保険による特殊な現金給付】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

出産育児一時金・埋葬料-健康保険による特殊な現金給付のレポート Topへ