2017年11月28日

地域医療構想を3つのキーワードで読み解く(2)-「脱中央集権化」から考える合意形成の重要性

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   三原 岳

社会保障全般・財源 社会保障・税改革 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

今年3月までに各都道府県が策定した「地域医療構想」を読み解く第1回では、「病床削減による医療費適正化」「切れ目のない提供体制構築」という2つの目的が混在している点を指摘するとともに、国は前者を重視しがちであるのに対し、都道府県は後者を優先している点を指摘した。

第2回以降は「脱中央集権化」(decentralization)、「医療軍備拡張競争」(Medical Arms Race)、プライマリ・ケアという3つのキーワードを使いつつ、各都道府県が地域医療構想の推進に向けて、必要な考え方や対応策を検討したい。

第2回については、前半で民間中心の医療提供体制などを考察しつつ、地域医療構想の推進には合意形成が重要である点を論じるほか、人口動向や病床数の地域差を見るこことで、地域の課題を地域で解決する発想が求められる点を指摘する。その上で、後半では欧州諸国を中心に論じられている「脱中央集権化」(decentralization)という言葉を一つの手掛かりとして、地域の特性に応じた提供体制の構築に向けた各都道府県の対応として、(1)ケアの統合、(2)ヘルスケア領域を超えた部門間の連携、(3)住民を含めた幅広い関係者の参加―が重要になる点を強調する。

■目次

1――はじめに
2――地域医療構想における合意形成の重要性
  1|民間中心の提供体制
  2|介護・福祉関係者との連携
3――地域の課題を地域で解決する発想
  1|人口減少や高齢化に関する違い
  2|病床を巡る地域ごとの違い
4――「脱中央集権化」の議論からの示唆
  1|言葉の定義
  2|脱中央集権化のメリット
5――地域医療構想への応用
  1|ケアの統合
  2|ヘルスケア領域を超えた部門間の連携
  3|住民を含めた幅広い関係者の参加
6――地方分権改革との親和性
7――おわりに~医療計画創設時点の論議
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
56889_ext_01_0.jpeg

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

三原 岳 (みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

レポート

アクセスランキング

【地域医療構想を3つのキーワードで読み解く(2)-「脱中央集権化」から考える合意形成の重要性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

地域医療構想を3つのキーワードで読み解く(2)-「脱中央集権化」から考える合意形成の重要性のレポート Topへ