2017年10月04日

何のために年金資産を運用しているのか

アセットアロケーション 年金資産運用 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

私たちは年金資産の運用について、所与のものとして考えがちである。その際には、基本ポートフォリオや投資対象の資産クラスが予め定められており、決められた範囲で目標利回りの獲得を目指している。時に、こうした枠組みや手段が目的化していないか。

年金運用の本来の目的は、過大なリスクを取って、ひたすら高い運用利回りを獲得することにはない。一方で、とにかく執行リスクを抑えるため、基本ポートフォリオと寸分違わない資産配分を構築し、ベンチマークそのままのパッシブ運用を是とする風潮は、そのリスクに対する考え方に対して違和感を覚えざるを得ない。

証券投資の原点に立ち返るならば、リスクはリターンの源泉である。本来許容されるべき範囲内のリスクさえ容認されないのであれば、昔ながらのバランス運用に戻しても良いのではないか。何のための特化型運用であり、運用の外部委託なのだろうか。

日銀による強力な金融緩和と欧米の金融緩和縮小との狭間で、今後の円金利は低位安定と考えられるものの、もし金利が動くなら、マイナス幅に限度があるため、若干の低下か、より大きな幅の上昇となる。資産の時価を考えると、金利変動時にどのような運用が適切なのか。原点に立ち返って、考えてみる意味はありそうだ。
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

(2017年10月04日「ニッセイ年金ストラテジー」)

レポート

アクセスランキング

【何のために年金資産を運用しているのか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

何のために年金資産を運用しているのかのレポート Topへ