2017年07月25日

EUと米国の間の再保険規制を巡る動きについて-トランプ政権もカバード・アグリーメントを承認へ-

保険研究部 常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長   中村 亮一

欧米保険事情 保険会社経営 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

「欧州連合(EU)と米国の対話プロジェクト(EU-US Dialogue Project)」及びそこで協議されていた「カバード・アグリーメント(Covered Agreement)」の締結を巡る動きについては、これまで、保険年金フォーカス「EUと米国の間の再保険規制を巡る交渉の状況はどうなったのか-カバード・アグリーメントをついに締結へ-」(2017.1.17)(以下、「前々回のレポート」という)及び基礎研レポート「トランプ政権による保険会社規制への影響について-国内・国外(EU、IAIS)問題への対応-」(2017.4.4)(以下、「前回のレポート」という)等で報告してきた。

今回、カバード・アグリーメントに関して新たな動きが見られ、7月14日に、米国財務省及び米国通商代表部(USTR)により、EUとのカバード・アグリーメントに署名する意向であることが発表され、ついにこの問題が一定決着を見ることになった。今回は、この動きについて報告する。

■目次

1―はじめに
2―カバード・アグリーメントとは
  1|カバード・アグリーメントとは
  2|今回のカバード・アグリーメントの概要
3―これまでの経緯と今回の動き
  1|これまでの経緯
  2|今回の米国財務省及び米国通商代表部(USTR)による発表について
4―今回の発表に対する関係団体の反応
  1|NAIC(全米保険監督官会議)
  2|NAMIC(National Association of Mutual Insurance Companies
   :全米相互保険会社協会)
  3|NCOIL(National Conference of Insurance Legislators:全米保険議員協議会)
  4|ACLI(American Council of Life Insurers:米国生命保険協会)
  5|RAA(Reinsurance Association of America:米国再保険協会)
  6|AIA(American Insurance Association :米国保険協会)
  7|IUA((International Underwriting Association
   :国際アンダーライティング協会)
5―まとめ
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
27927_ext_01_0.jpg

保険研究部   常務取締役 研究理事 兼 ヘルスケアリサーチセンター長

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

レポート

アクセスランキング

【EUと米国の間の再保険規制を巡る動きについて-トランプ政権もカバード・アグリーメントを承認へ-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

EUと米国の間の再保険規制を巡る動きについて-トランプ政権もカバード・アグリーメントを承認へ-のレポート Topへ