2017年07月07日

今なぜ働き方改革が進んでいるのだろうか?-データで見る働き方改革の理由

生活研究部 准主任研究員   金 明中

人手不足・働き方改革 雇用・人事管理 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■目次

1――はじめに
2――働き方改革が急速に進んでいる三つの理由
  (1)人口及び労働力人口の減少
  (2)長時間労働の慣習を改善する必要性
  (3) ダイバーシティー(多様性)マネジメントの推進と生産性向上
3――おわりに

※本稿は2016年9月15日「基礎研レター」を加筆・修正したものである。
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
32_ext_01_0.jpg

生活研究部   准主任研究員

金 明中 (きむ みょんじゅん)

研究・専門分野
社会保障論、労働経済学、日・韓社会保障政策比較分析

レポート

アクセスランキング

【今なぜ働き方改革が進んでいるのだろうか?-データで見る働き方改革の理由】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

今なぜ働き方改革が進んでいるのだろうか?-データで見る働き方改革の理由のレポート Topへ