2017年04月11日

株式市場の展望-米政策期待の剥落で、伸び悩む日本の企業業績と株価

金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任   井出 真吾

証券市場 年金資産運用 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

日経平均株価は3月下旬に2万円回復を伺う場面もあったものの、市場の期待と裏腹に下げに転じた。米政治への懸念や地政学リスクが意識される中、2017年度の株式市場を展望する。
 
ポイントは以下の3つ。日本企業の“稼ぐチカラ(=ROE)”は16・17年度とも改善が見込まれるが、17年度の改善幅は限定的となろう。これは、米トランプ政権が掲げる大型減税やインフラ投資が、財源不足で政策規模の縮小を余儀なくされると想定するためだ。その場合、市場の期待は一層剥落し、円安が進むどころか一旦は円高に振れるだろう。日経平均は18,000円程度まで下落することが見込まれる。
 
しかし、1ドル=100円割れなどの極端な円高にならない限り、業績が“悪化”するわけではない。したがって、市場が落ち着きを取り戻すにつれて割安さが評価され、業績に見合う19,500円レベルまで回復しよう。ただ、残念ながら2万円の本格的な回復は来春まで待たざるを得ない。
 
◆ポイント
  • 17年度、日本企業の“稼ぐチカラ”は改善幅が限定的
  • 最大の理由はトランプ政策が財源不足で規模縮小を余儀なくされること
  • 日経平均は一旦18,000円まで下落するが、年末には19,500まで戻る
日経平均の見通し(イメージ)
■目次

1――はじめに
2――遠のいた2万円
3――日本企業のROEと株価
  1|日本企業のROEは2年ぶりに改善
  2|17年度のROE改善は限定的
4――17年度の株価見通し
  1|トランプ政策への期待剥落は時間の問題
  2|年末に向けて緩やかに回復
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
66_ext_01_0.jpg

金融研究部   チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資

レポート

アクセスランキング

【株式市場の展望-米政策期待の剥落で、伸び悩む日本の企業業績と株価】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式市場の展望-米政策期待の剥落で、伸び悩む日本の企業業績と株価のレポート Topへ