2017年03月21日

共済事業・少額短期保険の現状-収支・資産状況を中心として

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

保険会社経営 生命保険事業概況 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

日本における生命共済事業を行なっている団体は多岐にわたる。主な共済の収支・資産状況をみると、全般的には、生命保険会社に比べて安全性を重視した資産構成で、収支状況も安定している。比較的単純な仕組と低コストを背景に、掛金も割安感があることから、生命保険とともに保障事業を支えていくだろう。しかし今後、資産運用あるいは保障内容の複雑化に対して高度なリスク管理を必要とするようになれば、コストが増大する可能性もある。少額短期保険についてもほぼ同様である。その他、法的な規制や監督が現時点では必要とされない自家保険的な仕組の動向も注視し、問題があっても小さいうちに対処できるようにする必要があろう。

■目次

1――はじめに
2――共済事業編
  1|どんな実施団体があるか
  2|どんな共済種類があるか
  3|共済事業の概況
3――少額短期保険業編
4――おわりに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

レポート

アクセスランキング

【共済事業・少額短期保険の現状-収支・資産状況を中心として】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

共済事業・少額短期保険の現状-収支・資産状況を中心としてのレポート Topへ