コラム
2017年03月21日

親と子どもの「結婚希望時期のズレ」の壁-未婚化・少子化社会データ検証:子の希望に立ちはだかる親の意識

生活研究部 研究員   天野 馨南子

未婚・晩婚・非婚 ライフデザイン などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

55287_ext_03_0.jpg
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

はじめに

前回のコラム 「年の差婚」の希望と現実-未婚化・少子化社会データ検証-データが示す「年の差」希望の叶い方 では、34歳までの未婚男女の約6割が2歳程度までの年の近い異性との結婚をお互いに希望しており、4歳までの年の差の希望では双方7~8割にも達する、という「お互いに近い年齢の異性との結婚希望がトレンドである」という希望実態を示した。

また、34歳までの未婚女性の約8割が同じ年齢から4歳上までの男性を結婚相手に希望していることも明らかとなった。
 
では、そもそも「何歳において」の年の差結婚を未婚男女はイメージ(希望)しているのか、という疑問が次に出てくる。この希望についてデータをみてゆくと、そこには意外な「意識の壁」が存在していることが明らかとなった。
 
子どもの結婚には少なからず親の意見が影響を及ぼしている。

なぜなら、子どもにとって両親の姿は「最も身近な結婚のロールモデル」となりやすいからである。また、国の調査1では1年以内に結婚する場合の障害として「親の承諾」を挙げた未婚者が女性14.3%、男性8.5%ともなっており、結婚を決める際に親の考えがなにかしら影響している可能性は否定できないだろう。
 
本稿では、晩婚化がすすむ日本における「親と子どものそれぞれの結婚適齢期意識」についてデータ考察してみたい。親と子どもの結婚適齢期(希望時期)にもし乖離がある場合は、それが結婚の障害となる可能性がないとはいえないだろう。
 
データからは母親という立場でもある筆者にとって、少々残念な結果が現れた。親の結婚希望時期の意識の問題を、データとともに指摘してみたい。
 
1 社会保障・人口問題研究所(2016)「 第15回出生動向基本調査」

親はいつまでに結婚して欲しいと思っているのか

中学生から29歳までの未婚の子どもをもつ親は、一体、子どもに何歳ぐらいで結婚して欲しいと考えているのだろうか。

調査対象者1万4000名を超える民間の大規模調査2からは、母親と父親それぞれの息子・娘に対す結婚希望時期をうかがい知ることが出来る。
 
●娘に対する結婚希望時期は?
 
娘に対して父親は
 1位 20代後半(までに結婚して欲しい) 47.0%
 2位 30代前半 20.9%
で1位は2位の2倍以上となっている。やはり娘には男親は20代で結婚して欲しいようである。
 
次に、母親は
 1位 20代後半 44.9%
 2位 30代前半 21.3%
でやはり1位が2位の2倍以上である。娘の結婚時期の希望に関しては、母親と父親の希望は「20代後半まで」でほぼ一致しているといってよい。
 
●息子に対する結婚希望時期は?
 
息子に対して父親は
 1位 20代後半(までに結婚して欲しい) 36.5%
 2位 30代前半 32.9%
で、僅差であるものの、20代での結婚を多くの父親が願っているようである。
 
次に母親は、
 1位 30代前半 36.7
 2位 20代後半 25.0%
 
となっており、30代に入ってからの息子の結婚希望が20代での結婚希望に10ポイント以上の大差をつけている。

父親から息子・娘とも20代の結婚希望が1位、母親から娘への20代での結婚希望が1位である中で、母親から息子への結婚希望だけが30代で結婚希望が多数派となっているところがデータ的に非常に目立つところである。
 
 
2 (株)明治安田生活福祉研究所・㈱きんざい(2016)「親子の関係についての意識と実態」
 親調査:全国の35~59 都市の男女(中学生~29 年の子を持つ親)
 子調査:全国の15~29 歳の未婚男女(高校生・専門学校生・大学生等・社会人)
 調査方法: WEB アンケ-ト調査(株式会社マクロミルの登録モニタ-)
 調査時期: 2016 年3 月16 日~3 月23 日
 回収数:親調査…9,715 名・子調査…5,803 名

子どもはいつまでに結婚したいと思っているのか?

親のデータで使用した同じ大規模調査によると、「いつまでに結婚したいか」15歳から29歳の未婚男女に尋ねたところ、

未婚女性 
 1位 20代後半(までに結婚したい)58.1%(約6割)
 2位 30代前半 21.5%

未婚男性 
 1位 20代後半 46.2%(約5割)
 2位 30代前半 31.6%

となっており、子どもサイドは男女とも「20代後半までに結婚したい」という20代での結婚希望回答が2位の30代前半と大差の1位であった。
20代後半までに結婚したい
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
39_ext_01_0.jpg

生活研究部   研究員

天野 馨南子 (あまの かなこ)

研究・専門分野
少子化対策・女性活躍推進

レポート

アクセスランキング

【親と子どもの「結婚希望時期のズレ」の壁-未婚化・少子化社会データ検証:子の希望に立ちはだかる親の意識】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

親と子どもの「結婚希望時期のズレ」の壁-未婚化・少子化社会データ検証:子の希望に立ちはだかる親の意識のレポート Topへ