2017年03月08日

日本初の「クリエイティブリユース」の拠点とは?-倉敷玉島のまちに息づく“創造の源”を訪ねて

社会研究部 准主任研究員   塩澤 誠一郎

都市計画 土地・住宅 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

55230_ext_03_0.jpg
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

「IDEA R LAB」は、博物館プロデューサーの大月ヒロ子さんが、300年の歴史を持つ生家を改装して、運営するクリエイティブリユースの拠点である。

そこは、倉敷玉島のまちの魅力と一体となって、創造的な雰囲気にあふれており、まさに、まちに息づく“創造の源”と言えるものだった。

■目次

はじめに
1――「IDEA R LAB」―300年の歴史ある建物を改装
2――創造的な雰囲気に満ちた「マテリアルライブラリー」
3――交流を深める滞在機能
4――まち自体の圧倒的な魅力が創造する楽しさを刺激する
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
64_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

塩澤 誠一郎 (しおざわ せいいちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、土地・住宅政策、文化施設開発

レポート

アクセスランキング

【日本初の「クリエイティブリユース」の拠点とは?-倉敷玉島のまちに息づく“創造の源”を訪ねて】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本初の「クリエイティブリユース」の拠点とは?-倉敷玉島のまちに息づく“創造の源”を訪ねてのレポート Topへ