2017年01月18日

ますます巨大化する米国の大手医療保険会社~国民に医療保障を届ける唯一無二の存在へ-オバマケアの帰趨に左右されない強さ-

保険研究部 主任研究員   松岡 博司

欧米保険事情 社会保障全般・財源 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

米国には、わが国のような全ての国民が加入する公的な医療保険がない。

無保険者問題の解決を目的の1つとして2010年に発足し、2014年に本格実施された医療制度改革(オバマケア)では、公的な医療保険の対象にならない一般の米国民に民間医療保険への加入が義務づけられ、従業員数50名以上の雇用主(企業)に従業員とその家族への医療保険の提供が義務づけられた。

また民間保険会社は保険申込みに対して既往症や健康状態を理由とする加入拒否や差別的な条件設定を行うことが禁じられた。

米国の医療保険改革においては民間医療保険会社が大きな役割を果たしている。

米国では民間医療保険会社は、一般国民への医療保障の提供を一手に引き受ける、医療保障にとって欠くことのできない存在である。

本レポートでは、オバマケアの廃止を訴えて大統領選に勝利したトランプ氏がまもなく大統領に就任することによりオバマケアに一区切りがつけられようというタイミングにおいて、大手医療保険会社を中心視座におき、米国における医療保険制度の概要とオバマケアのこれまでを見ていくこととしたい。

■目次

はじめに
1――米国の医療保障制度の概要
  1|突出して高い米国の医療費
  2|民間が大きな役割を果たす米国の医療保障制度
2――オバマケアの制度概要
  1|オバマケアの根拠法発足
  2|オバマケアの制度概要 主に民間医療保険会社との関係を中心に
3――米国の医療保険会社の概要
  1|巨大な存在
  2|M&Aにより巨大化・寡占化を果たしつつある米国の大手医療保険会社
4――オバマケアの実施状況と医療保険会社の動向
  1|無保険者数は減少
  2|エクスチェンジの開設状況
  3|エクスチェンジに参加する保険会社は少数で寡占状況
  4|エクスチェンジ事業で損失が発生
  5|エクスチェンジ事業からの撤退
  6|エクスチェンジ事業での保険料の値上げ
  7|合従連衡の動きと連邦当局との対立
さいごに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
51_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員

松岡 博司 (まつおか ひろし)

研究・専門分野
生保経営・生保制度(生保販売チャネル・バンカシュランス等、主に日本生命委託事項を中心とする研究)

レポート

アクセスランキング

【ますます巨大化する米国の大手医療保険会社~国民に医療保障を届ける唯一無二の存在へ-オバマケアの帰趨に左右されない強さ-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ますます巨大化する米国の大手医療保険会社~国民に医療保障を届ける唯一無二の存在へ-オバマケアの帰趨に左右されない強さ-のレポート Topへ