2016年12月19日

【11月米住宅着工、許可件数】住宅着工、許可件数ともに市場予想を下回るも、好調であった前月の反動と判断。

経済研究部 主任研究員   窪谷 浩

米国経済 住宅販売・着工│米国 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

1.結果の概要:住宅着工・許可件数ともに前月から減少、市場予想も下回る

 12月16日、米国センサス局は11月の住宅着工、許可件数を発表した。住宅着工件数(季節調整済、年率)は109.0万件(前月改定値:134.0万件)と07年以来の高水準となった前月から減少、市場予想の123.0万件(Bloomberg集計の中央値、以下同様)も大幅に下回った(図表1、図表3)。

住宅着工に先行する住宅着工許可件数(季節調整済、年率)は、120.1万件(前月改定値:126.0万件)と、こちらも122.9万件から上方修正された前月から減少、市場予想の124.0万件も下回った(図表2、図表5)。
(図表1)住宅着工件数/(図表2)住宅着工許可件数

2.結果の評価:11月の軟調は一部10月の反動。注目される住宅ローン金利の影響

11月の住宅着工件数の伸びは、前月比▲18.7%(前月:+27.4%)と15年2月(▲18.9%)に次ぐ大幅な落ち込みとなったものの、前月が82年7月(+29.3%)以来の高い伸びとなっていた反動が大きいとみられる。前年同月比も▲6.9%(前月:+24.9%)とマイナスに転じたが、こちらも前月が16年2月(+35.8%)に次ぐ水準となっていたことから反動の影響とみられる(図表3)。

住宅着工件数(前月比)を、戸建てと集合住宅に分けてみると、戸建てが▲4.1%(前月:+10.5%)、集合住宅が▲45.1%(前月:+76.0%)と、いずれ前月の大幅なプラスからマイナスに転じた(図表4)。

住宅着工件数(前月比)の地域別寄与度は、北東部▲6.5%ポイント(前月:+6.9%ポイント)、中西部▲2.2%ポイント(前月:+5.2%ポイント)、南部▲4.3%ポイント(前月:+8.7%ポイント)、西部▲5.7%ポイント(前月:+6.6%ポイント)と全ての地域でマイナスとなった。
(図表3)住宅着工件数(伸び率)/(図表4)住宅着工件数前月比(寄与度)
住宅着工件数の先行指標である住宅着工許可件数は、11月の前月比が▲4.7%(前月:+2.9%)と4ヵ月ぶりにマイナスに転じた。また、前年同月比も▲6.6%(前月:+7.2%)と3ヵ月ぶりにマイナスに転じた(図表5)。

許可件数を戸建て、集合住宅でみると、戸建ては前月比+0.5%(前月+4.3%)と4ヵ月連続のプラスとなったものの、集合住宅は▲13.0%(前月:+0.6%)と3ヵ月ぶりのマイナスに転じた(図表6)。
(図表5)住宅着工許可件数(伸び率)/(図表6)住宅着工許可件数前月比(寄与度)
11月の結果は好調であった10月の反動と考えられる。実際、建設業者のセンチメントを示す住宅市場指数は、12月の結果が、総合指数、足元の新築住宅販売、今後6ヵ月後の販売見通し、ともに前月から大幅に改善し、05年以来11年ぶりの高い水準となっているため、住宅市場の回復基調は持続していると判断できる。もっとも、11月選挙以降にみられる住宅ローン金利の急上昇に伴い、住宅ローン申請件数は減少しているため、今後金利上昇が住宅市場に与える影響が注目される。
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
27923_ext_01_0.jpg

経済研究部   主任研究員

窪谷 浩 (くぼたに ひろし)

研究・専門分野
米国経済

(2016年12月19日「経済・金融フラッシュ」)

レポート

アクセスランキング

【【11月米住宅着工、許可件数】住宅着工、許可件数ともに市場予想を下回るも、好調であった前月の反動と判断。】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【11月米住宅着工、許可件数】住宅着工、許可件数ともに市場予想を下回るも、好調であった前月の反動と判断。のレポート Topへ