2016年11月22日

欧州年金基金の投資方針原則に対するEIOPAの提言-8つの最善策と3つの勧告

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

文字サイズ

■要旨

EIOPAが、2016年10月、投資方針原則につき各国監督のピアレビューを行なった結果を公表し、これに基づき8つの最善策と3つの勧告がまとめられた。EUにおける年金基金に対する、投資方針も含めた監督の統一に向け、今後も進展が続くものと思われる。

■目次

1――EIOPAによる投資方針のピアレビュー
  1|背景
  2|8つの最善策
  3|3つの勧告
2――今後の状況
27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

レポート

アクセスランキング

【欧州年金基金の投資方針原則に対するEIOPAの提言-8つの最善策と3つの勧告】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州年金基金の投資方針原則に対するEIOPAの提言-8つの最善策と3つの勧告のレポート Topへ