2016年11月07日

「日銀は株価を歪めていない」は本当か-新ルールは評価できるが歪みは拡大

金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任   井出 真吾

54262_ext_03_0.jpg

文字サイズ

要約

日銀のETF大量購入が株価を歪めている可能性を検証したところ、日経平均レベルでの歪みは明確でないものの、個別銘柄の株価は歪んでいることが明らかとなった。買入れの中心をTOPIX型にシフトさせた新ルールに一定の効果はあったが、6兆円に増額した副作用を中和できていない。いっそ、真の大株主となって企業に経営改革を迫る手もある。

目次

■黒田総裁は「歪めていない」と主張
■日経平均レベルでは歪みは見当たらない
■個別銘柄の株価は歪んでいる
■大株主としての金融政策
66_ext_01_0.jpg

金融研究部   チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資

レポート

アクセスランキング

【「日銀は株価を歪めていない」は本当か-新ルールは評価できるが歪みは拡大】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「日銀は株価を歪めていない」は本当か-新ルールは評価できるが歪みは拡大のレポート Topへ