2016年11月04日

株式のリスクプレミアムは存在するのか

年金資産運用 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

年金運用では、資産配分の決定が重要だと言われている。株式や債券にどれだけ投資するのかを決めることが、将来の運用成果の大部分を左右するからだ。資産配分を決める際の重要なインプットの一つが、株式リスクプレミアムである。債券に対して株式の期待リターンが高いならば、株式への配分が正当化される。

ここで、本当に株式のリスクプレミアムは存在するのか、という疑問に直面する。過去においても、債券のリターンが株式を上回る期間が何年もあった。リスクをとっても報われないなら、株式に投資する理由などない。

長期データを利用した海外における最近の研究によれば、多くの国の株式市場で、短期的にも長期的にも、株式のリスクプレミアムが存在することが確認された。株式投資への意義が与えられたという意味で、年金運用としては好ましい結果であろう。

しかし同時に、債券のリターンの方が高い可能性が、長い目でみたとしても、4割程度もあり得ることも明らかになった。そうすると、単に株式投資を行っていれば良いということでもないようだ。このような環境を意識した運用体制の構築が重要だろう。
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

(2016年11月04日「ニッセイ年金ストラテジー」)

レポート

アクセスランキング

【株式のリスクプレミアムは存在するのか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式のリスクプレミアムは存在するのかのレポート Topへ