2016年11月02日

利用しているのは誰?-ふるさと納税シリーズ(5)ふるさと納税に関する現況調査結果より

金融研究部 准主任研究員   高岡 和佳子

54226_ext_03_0.jpg

文字サイズ

■要旨

平成27年度のふるさと納税受入額は1,653億円と、前年度の4倍以上であったが、「今年はさらに増え続けていて、1.5倍は超える勢い」らしい。このような背景があるからか、ふるさと納税に関する情報開示にも勢いがある。2016年6月に各自治体別のふるさと納税受入額及び受入件数(税収が増加する側の情報)が公表された。その2か月後の2016年8月には、各自治体別にふるさと納税に係る控除額等(税収が減少する側の情報)が公表された。当レポートでは、税収が減少する側の情報と、「平成27年度 市町村税課税状況等の調」を用いて、ふるさと納税利用者を概観する。

■目次

1――はじめに
2――納税義務者の2.3%が利用
3――やっぱり高額所得者ほど利用している
4――都市部と地方部の所得格差の影響だけではない
71_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

高岡 和佳子 (たかおか わかこ)

研究・専門分野
リスク管理・ALM、価格評価、企業分析

レポート

アクセスランキング

【利用しているのは誰?-ふるさと納税シリーズ(5)ふるさと納税に関する現況調査結果より】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

利用しているのは誰?-ふるさと納税シリーズ(5)ふるさと納税に関する現況調査結果よりのレポート Topへ