2016年10月25日

ヘッジ付き米国債利回りが一時マイナスに-為替変動リスクのヘッジコスト上昇とその理由

金融研究部 准主任研究員   福本 勇樹

文字サイズ

■要旨
 
  • 米国10年国債を為替予約(3ヶ月)で為替変動リスクをヘッジしたときの運用利回りが2016年9月末にマイナスになった。利回り低下の主な要因は、為替変動リスクのヘッジにかかるコスト(ヘッジコスト)の上昇にある。
     
  • ヘッジコストの上昇の原因は、内外金利差の要因と内外金利差以外の要因の両方にある。
     
  • 米国短期資金市場のストレスが日本と比べて相対的に高まっており、その結果として内外金利差が拡大し、内外金利差以外の面でも追加コストを支払う必要が出てきている。
     
  • 米国短期資金市場のストレスが相対的に高まっている理由は、日米の金融政策と違いと米国における金融規制の強化が影響しているものと考えられる。

■目次

1――ヘッジ付き米国10年国債利回りが一時マイナスに
2――ヘッジコストが上昇している理由
27925_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

福本 勇樹 (ふくもと ゆうき)

研究・専門分野
リスク管理・価格評価

レポート

アクセスランキング

【ヘッジ付き米国債利回りが一時マイナスに-為替変動リスクのヘッジコスト上昇とその理由】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ヘッジ付き米国債利回りが一時マイナスに-為替変動リスクのヘッジコスト上昇とその理由のレポート Topへ