2016年10月19日

通貨スワップ市場の変動要因について考える-通貨スワップの市場環境が与えるヘッジコストへの影響

金融研究部 准主任研究員   福本 勇樹

文字サイズ

■要旨
 
  • リーマンショック後より、通貨スワップ市場においてクロスカレンシー・ベーシス・スワップ(スワップ・スプレッド)がマイナス方向に拡大し、現在もマイナス圏で推移している。
     
  • スワップ・スプレッドがマイナスの場合、ヘッジ付きの外貨建て投資に関して、ヘッジコスト(外貨調達コスト)が運用利回りを低下する方向に作用することになる。
     
  • スワップ・スプレッドがマイナス圏を推移する原因について分析を行った結果、銀行システムの信用リスク、銀行や機関投資家による外貨調達や為替リスクのヘッジニーズ、資金市場における流動性に関するストレスなど、いくつかの要因が複合的に作用しており、2013年あたりに構造変化を伴っていることが分かった。
     
  • 現在は、特に日米における金融政策の方向性の違いや金融規制による米国短期金融市場の貸出スタンスに関するストレスの高まりがテーマになっているものと思われる。
     
  • これらの要因についてはすぐさま問題が解消するわけではなく、スワップ・スプレッドがマイナス圏を推移する状況はしばらく続くものと思われる。

■目次

1――通貨スワップと金利平価の関係
2――通貨スワップの市場環境が運用利回りに与える影響
3――銀行システムの信用リスクの観点
4――資金調達ニーズの偏りの観点
5――各資金市場における流動性の観点
6――まとめ
27925_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

福本 勇樹 (ふくもと ゆうき)

研究・専門分野
リスク管理・価格評価

レポート

アクセスランキング

【通貨スワップ市場の変動要因について考える-通貨スワップの市場環境が与えるヘッジコストへの影響】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

通貨スワップ市場の変動要因について考える-通貨スワップの市場環境が与えるヘッジコストへの影響のレポート Topへ