2016年10月17日

東京から試みる地元の地方創生-自分で動く「地元創生」(1) 

金融研究部 主任研究員   江木 聡

文字サイズ

■要旨

地方創生は地方だけの問題ではない。地方出身の東京在住者にとっても切実な問題であろう。地方創生の実践的な考え方やモデル創出の参考となることを目指し、本シリーズでは、東京から筆者の地元・山口県下関市で地方創生、すなわち「地元創生」を試みる。試みるとは、ためにしやってみるという意味ではなく、「自分事」として実践してみるという意味である。

今回は、地元酒造メーカーへのクラウドファンディング出資を皮切りに、農業まで視野に入れた試みをレポートする。

■目次

1――地方創生の実践に向けて
  1|自らの地元で地方創生を試みる
  2|地元の地酒蔵を起点として
  3|投資家としてエンゲージメントに着手
2――対話と行動から見えてきた地元の課題
  1|下関酒造の現状と課題への取組み
  2|価値共創のアクションを起こす
  3|地元創生を実際に試みてわかったこと
27932_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員

江木 聡 (えぎ さとし)

研究・専門分野
企業統治、コーポレートファイナンス、健康経営、地方創生

レポート

アクセスランキング

【東京から試みる地元の地方創生-自分で動く「地元創生」(1) 】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

東京から試みる地元の地方創生-自分で動く「地元創生」(1) のレポート Topへ