2016年10月03日

ドイツの生命保険会社の状況(3)-IMFによるFSAPの報告書 「保険部門の監督」-

保険研究部 取締役   中村 亮一

文字サイズ

■要旨

前々回のレポートでは、ドイツの保険監督官庁であるBaFinの2015年Annual Report(年次報告書)に基づいて、(1)低金利環境下における生命保険会社の状況、(2)ソルベンシーIIの内部モデルの適用状況、等について報告した。

さらに、前回のレポートでは、BaFinが7月から8月にかけて公表した資料に基づいて、生命保険会社を中心としたソルベンシーII比率の状況について、報告した。

今回のレポートでは、IMF(国際通貨基金)がドイツの金融監督に対するFSAP(Financial Sector Assessment Program:金融セクター評価プログラム)の結果を6月29日に公表しているので、そのうちの「INSURANCE SECTOR SUPERVISION—TECHNICAL NOTE(保険部門の監督-テクニカルノート)」について報告する。なお。IMFによるストレステストの結果については、次回のレポートで報告する。以下で、引用は全てIMFの資料からのものである。

■目次

1―はじめに
2―FSAPの「保険部門の監督-テクニカルノート」
  1|エグゼクティブサマリー
  2|主要な勧告
  3|ICP 14及び17に対する詳細な分析
3―まとめ
27927_ext_01_0.jpg

保険研究部   取締役

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

レポート

アクセスランキング

【ドイツの生命保険会社の状況(3)-IMFによるFSAPの報告書 「保険部門の監督」-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ドイツの生命保険会社の状況(3)-IMFによるFSAPの報告書 「保険部門の監督」-のレポート Topへ