2016年09月23日

2015ベトナム生保市場動向-今後の「伸びしろ」が大きい生保市場

保険研究部 上席研究員   小林 雅史

文字サイズ

■要旨

ベトナムにおいては、今後、生保市場の発展が大いに期待できる。

市場規模としてはいまだ非常に小さく(生保収入保険料はタイの1割弱程度の約1800億円)、生命保険浸透率(GDPに対する生保収入保険料の割合)も低い(0.8%)。

しかしながら、2015年の生保収入保険料の伸び率は、アジア主要国の中でも屈指の水準で、今後2040年まで人口ボーナス期(15~64歳の生産年齢人口が、子どもと高齢者の人口の2倍以上である状態)が続くことも踏まえれば、将来の「伸びしろ」が大きい市場である。

日本の生保会社の進出も相次ぐ、ベトナムの生保事情について紹介したい。

■目次

1――はじめに
2――保険会社
3――生保収入保険料とマーケット・シェア
4――販売動向
5――おわりに

このレポートの関連カテゴリ

81_ext_01_0.jpg

保険研究部   上席研究員

小林 雅史 (こばやし まさし)

研究・専門分野
保険法・保険業法、英国の約款規制・募集規制等、代理店制度・保険仲立人制度

レポート

アクセスランキング

【2015ベトナム生保市場動向-今後の「伸びしろ」が大きい生保市場】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2015ベトナム生保市場動向-今後の「伸びしろ」が大きい生保市場のレポート Topへ